FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『ブレイン・プログラミング』


はじめに
心から望むものを手に入れる強力な方法
あなたもきっと人生を変えることができる
「6回」接すると、脳は新しい考え方を受け入れる

第1章 RASの秘密を知る
脳のすごいしくみ「RAS」とは一体何か?
科学者たちがRASの存在を明らかにした!
脳に送られる情報の99.9999パーセントは消える
「チンパンジーのRAS」と「人間のRAS」の違い
RASの「GPSシステム」t「検索エンジン」の驚異の力
なぜ、「あなたの名前」だけが耳に飛びこんでくるのか?
【まとめ】

第2章 自分の望みをはっきりさせる
子どもの夢をつぶすのは「こんな言葉」の繰り返し
【実話】 ロバートの場合
「やりたいことリスト」は誰にも見せないで
まずは「何を」したいのかだけを考える
バーバラと私の「目標ノート」のつくり方
RASにプログラミングすると起こる絶大な効果
「スパゲティの原理」は「紙に書くこと」で変わる
「手書き」のリストでなければならない、これだけの理由
目標リストを「つねに読み返す」だけで起こることとは?
億万ドルクラスの資産家はみな「これ」を持っていた!
「本当にやりたいこと」がわからないあなたへ
「好きなことを仕事にする」と決めると、RASが動き出す
今の仕事は「お金がもらえなくてもやりたいこと」ですか?
【まとめ】

第3章 明確な目標を定める
「Aリスト」「Bリスト」「Cリスト」の3つの分け方
目標を「細かいところまでくっきい描き出す」練習をする
「否定的な言葉」で書いた目標が達成されにくい理由
目標達成すつために、積極的に「疑似体験」をしよう
脳は「その人が達成できること」しかイメージしない
RASが稼働すると、「いい情報」ばかりが入ってくる
目標リストは、毎日「あらゆる場所」で見られるようにする
ぬるま湯を出たとき、本当の人生は始まる
【実話】 ハンクの場合
はっきりした人生の目標があr人のほうが、寿命が長い
人が死ぬときに後悔する「5つのこと」とは?
始めてみなければ「本当にやりたいこと」はわからに
【まとめ】

第4章 期限を決めて計画を立てる
脳には「期限に間にあわせようとする力」が備わっている
効果的に「期限」お設定するための3つの方法
すぐに達成できそうな「小さな目標」に切り分ける
「頂上」ではなく「次のステップ」を見つめよう
【実話】 バーバラとアラ・ピーズの場合
1秒たりとも「準備」に時間をかけてはいけない!
「思ったより時間がっかりそう」なら、どうするか?
【実話】 アラン・ピーズの場合
「期限」は、何年先でも、何回設定してもいい
【実話】 アランとバーバラの場合
【まとめ】

第5章 他人がどう思い、何をしようが、何と言おうがやりぬく
他人があなたを邪魔する「3つの理由とは?
そこであきrめていれば、あの「世界的ヒット」はなかった
「言うことを聞かせようとしてくる人」をかわす方法
【まとめ】

第6章 自分の人生に責任を取る
あなたが選んできたものが、あなたの今の状況をつくっている
自分の人生を自分でコントロールしていく
「生まれつき」の事情を嘆くのも変えるのも、自分しだい
【実話】 スティーブンの場合
天災も事故も病気も「そこからどう考えるか」が大事
【実話】 W・ミッチェルの場合
「言い訳」をいっさいやめると決める
選択を誤ることは「人生のレッスン」である
同じことをしていれば、同じ結果しか生まれない
不満を言うと、不満だらけの状況を呼び寄せる
未来は自分自身の手で選びとれる!
「太ってしまった」のは、誰のせいでもなく、自分の責任
時流に乗るのも、乗らないのも、自分の責任
自分の人生に「誰を」引き入れるかは、自分で選べる
【実話】 アンの場合
【まとめ】

第7章 目標を視覚化する
脳は「現実と「想像」を区別できない!
想像しているときも「まぶたの下の目」はボールを追って動く
アスリートは、どのように「視覚化」を活用しているか?
脳は「言葉」ではなく「絵」を描いて考えている
「望まないこと」を視覚化してしまったらどうなる?
「イメージトレーニング」には実際の練習とほぼ同じ効果がある
いろいろな「イメージトレーニング」のすごい研究結果
「視覚化」は、実際の練習の代わりになるか否か?
【実話】 ジム・キャリーの場合
視覚化の練習をして、最大限の効果を引き出す
【まとめ】

第8章 アファメーションの威力
偉人たちもこうして「アファメーション」の力を使っていた!
「疑い深い」考え方の人が引き寄せるもの
【読者から寄せられた実話】 ダリン・カシディの場合
アファメーションを行うときに「使う言葉」とは?
アファメーションの「手順」と「ポイント」
「自分をだましているだけでは?」と思う人への助言
自分に言い聞かせる言葉も「望むもの」に変えていく
「言い方」しだいで、「感じ方」は大きく変わる!
アファメーションの働きは「置き換えの法則」
「自己イメージ」をガラッと置き換える方法
【実話】 サムの場合
「夢想」と「アファメーション」はまったく別物
「できない」と言ったとき、脳では何が起こるのか?
【実話】 スコットのアファメーション
【まとめ】

第9章 新しい習慣を身につける
そもそも「習慣」は、どのように身につくのか?
「積極的な習慣」よりも「消極的な習慣」が多いワケ
「根本原因」に目を向ければ「考え方」は変えられる
もともと「自信のある人」など存在しない
何をやってもうまくいかない人がよく言うセリフとは?
「うまくいく人」と「うまくいかない人」の典型的な習慣
あなたは「友人5人の平均的な存在」になっていく
【実話】 ミシェルとゲイルの場合
「マイナスの人」から離れると「プラスの人」があらわれる
【まとめ】

第10章 数のゲームを楽しむ
人生を成功にみちびく「平均の法則」が存在する!
生命保険の外交員のときに見つけた「数字」とは?
何回挑戦すれば、そのうち何回成功するか?
「80:20の法則」が教えてくれる大切なこと
「大事な20パーセント」に集中しよう
自分の人生の時間も「80:20の法則」で考える
いちばん夢中になれることに「時間」を使っているか?
「宝くじに当選した人」が幸せになれないのはなぜ?
前立腺がんになった私が見つけた「数字のセット」
【まとめ】

第11章 ストレスに打ち勝つ
「笑い」にかかわっているのは、偏桃体と海馬の2つ
「2分間笑う」とストレスホルモンが減る
手術直後に笑った女性は、妊婦率がアップした
「笑いのない生活を送る人」は早く老けこむ
慢性的なストレスがあると、がんになりやすい
「笑い療法」の創始者・カズンズが教えてくれたこと
さあ、「ストレス・テスト」をやってみよう
「感情」は体内で「ペプチド」という物質に変わる
病院に「笑いの部屋」を設置しよう
【実話】 ハンター・キャンベルの場合
幸せを壊す「4つの感情」を選んでいませんか?
どんな状況でも「ユーモラスな面」を探そう
【まとめ】

第12章 恐怖と不安を克服する
「恐怖」と「不安」の感情はどうやって生まれるのか?
恐怖は「短い経路」か「長い経路」で伝えられる
わけもなく恐怖を感じるのは、なぜなのか
「恐怖映画」が人気なのにはワケがある
「過度の恐怖」あ、不安障害を引きおこす
「新しい記憶」をつくって脳内の状態を変える方法
拒絶された人の脳からは「麻薬」が放出される
拒絶されてしまったときに効く「簡単な対処法」
相手を傷つけることなく「効果的に断る方法」とは?
恐怖を簡単に克服できる「3つの方法」
【まとめ】

第13章 絶対にあきらめない
まずは「経験者」に相談に乗ってほしいと頼みこもう
「あいまい」な言い方ではなく、「はっきりと」伝える
【実話】 『ボディ・ランゲージ』の場合
本の出版依頼で「53」の出版社に手紙を書いた
何回でもあきらめずに挑戦すれば、確率的に成功する
「幸運」だかれだはなく、「RAS」の働きでベストセラーになった
【まとめ】

第14章 どん底から再出発する
あらゆるもんを一夜にして失い、莫大な借金が残った
「新しいベストセラー本を書く」と決心する
「相手の我慢できないところ」をリストに書く
行き先は、「世界地図」を広げて、こうして決めた
1回会った人に「来週行く」といきなり電話をする
イギリスの小さな町、ヘンリー=イン=アーデンに到着する
住むところが見つからない!
星は暗闇のなかでしか輝かない
「幸運」はあてにしない、「計画」を進めるだけ
ヨーロッパでのビジネスがスタートした瞬間
ゆっくりと少しずつ売り込みながら「突破口」を開く
ミラノで夫婦げんかをしたときに「タイトル」を思いつく
何もせずに待っていても、呼び出しの電話はかかってこない
先手を取れ。見つけてもらえるのを待っていてはいけない。
イギリスで本を出版するために私たちがやったこと
私たちが出会った「新しい家」の話
努力の「20パーセント」だけが結果を生む
「ロシアに行く」という目標をかなえるまで
モスクワでテレビ局のトークショーに出演する
実現不可能そうな「Cリスト」を達成するまでの道のり
【まとめ】

第15章 おさらい
紙に書く
小さく切り分けて期限を切る
責任を取る
アファメーション(自己暗示)と視覚化を活用する
新しい習慣を身につける
誰に何と言われ、どう思われ、どんな扱いを受けようが意志を貫く
恐怖や不安は、当たり前のこととして受け入れる
数のゲームを楽しむ
自分の本当の人生を取り戻す
あきらめない
最後に

謝辞

参考文献

訳者あとがき


「自動的に夢がかなっていく」の言葉に魅かれて読んでみた。(大笑)
著者は、ベストセラーとなった『話を聞かない男、地図が読めない女』の著者である。
私は、この本を読んだことはないが・・・(笑)
面白い書名だなぁ~と以前から書名だけは知っている。
本書もどうやらベストセラーになった本らしい。
ここに書かれていることの一部は、すでに自分でも実践している。
が・・・なぜか「成功者」にはなっていない・・・(苦笑)
たぶん、ここに書かれていることを全部実践していないからかもしれない。
自分が実践していることに関しては、確かに著者の言うこと通りだと自信をもって言えるのだが・・・
その他の部分(実践していない部分)に関しては、「確かに理屈ではそうなんだけど・・・実際にはそうそう簡単には実行できないだろうなぁ~」なんて思ったりする。
で・・・そのように思うこと自体が「夢を実現できないように自らが行っている」ということになるわけで・・・(苦笑)
こういうところが、この手の「啓発本」の難しい所かな?
言っていることは間違ってはいないと思うが・・・問題は自分がどこまで実践できるかだよなぁ~
勉強になる本であることは確かである。
問題は「お勉強」で済ませることなく「実践」すること・・・・だろう。


今年の読書:19冊目

スポンサーサイト





読書 | 12:30:32 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する