FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

従業員が亡くなっていた!(驚)
突然、昔、我が社に勤めていた従業員が、我が家を訪ねてきた。
地方選に立候補する予定者を紹介する・・・ということだったが・・・
ついでの話・・・
同じく我が社で働いていた某パート従業員が既に亡くなっていたという話を聞かされて驚いた。

彼女は拙者が入社する前から我が社に勤めていた女性パート従業員である。
せいぜい拙者より一回りくらい年上という人だった。
拙者が入社した時、他の従業員から「彼女の旦那はヤクザなんですよ」と言われたことが今でも記憶に残っている。
その話が本当かどうかは、知らないが・・・
彼女は非常に真面目な人で、無駄口は叩かず黙々と仕事をする人だったが、かといって暗いイメージはないという人だった。
仕事は的確、まずミスをすることはない。
永年に亘り検査業務を担当していたので、合否判定の微妙なものは必ず彼女に再検査してもらって、拙者が決断を下したものだ。
彼女の判定には全幅の信頼を置いていた。

そういう人なので、是非、正社員に昇格させたかったのだが、彼女からは「主人がパートでなければ外で働かせないと言っているので・・・」というので、泣く泣く諦めた。
パート従業員にしておくには本当にもったいない人だった。

10年ほど経って、そのご主人が亡くなった。
彼女からは何の申し出もなかったので、こちらから再び正社員昇格の話を持ち出してみた。
「そうしていただけたら、助かります」とのことだったので、即刻、正社員に昇格させた。
当然、他の従業員から異議が出ることはなかった。

“優秀な人”とは学歴なんて関係ないと拙者は思っている。
自分に与えられた職務を忠実にこなし、他者から一目置かれるような人が“優秀な人”だと思っている。
そういう意味で、彼女は本当に優秀な人だった。

その人が、亡くなっているとは・・・
病気で会社を休むなんてことのなかった人なのに・・・
まだ若いのに、この世を去ってしまったとはショックである。(涙)
溜息しか出ない・・・・

ご冥福をお祈りする・・・
スポンサーサイト


日記 | 17:11:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する