FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

ふるさと納税の高額返礼品
ふるさと納税で、一部の自治体が高額な返礼品を呼び水にして、多くの寄付を集めていることが問題視されている。
これに対して、総務省は制度を抜本的に見直す方針で、返礼品は寄付額の30%以下の地場産品に限定・・・
これに違反した自治体は制度から除外し、寄付しても税の優遇措置を受けられないような仕組みに法制化するという。(大汗)

今頃になって知ったのだが・・・・(大汗)
ふるさと納税って、自分の故郷に納税するという意味ではなかったんだ!(大笑)

自分の故郷を出て、別な場所で生活している人が、自分の故郷に納税するものだとばかり思っていたのである。(苦笑)
自分の故郷でなくてもいいんだ・・・
しかも、納税ではなく寄付で、その寄付が税の優遇措置を受けるから、結局、ふるさとに納税していることになる、という意味らしい。
あらら・・・知らなかった・・・(大笑)

ただの寄付ね・・・・
で・・・その返礼品欲しさに寄付をするわけだ・・・(苦笑)

“返礼品”という言葉で頭に浮かぶのは・・・葬式の時の返礼品である。
私なんぞは、香典を1万円包もうか、5千円包もうかで悩んだりする。
故人との関係や、ご遺族との関係、付き合いの深さ、世話になったかどうかで金額が変わるわけで・・・(苦笑)
いずれにせよ“気持ち”でお香典を包むわけである。
間違っても返礼品目当てで香典は包まない・・・・(大笑)
大多数の人は私と同じだと思うのだが・・・

この「ふるさと納税」の話を聞いていると・・・・
あそこの葬式では結構な返礼品を配るらしいからと言って、見ず知らずの葬式に出かけて行って香典を渡しているようにしか思えないのである。(大笑)
いくら返礼品が高価なものだからといって、見ず知らずの人の葬式に顔を出すか?(大笑)
逆に、どうせ、あそこの返礼品はお茶と海苔くらいだろうからと、葬式に行かないという人がいるだろうか?(大笑)

高額な返礼品をエサに寄付を集めようという自治体にも問題はあろうが・・・
それに群がる人の方に一番問題があるのではなかろうか?
普通なら、そんな高額な返礼品を用意されたのでは寄付の意味がなくなる、そんなに余裕があるのなら、あなたのところには寄付はしない・・・とそっぽを向くのが普通だと思うんだけど・・・
そうじゃない、えげつない人たちが多いらしい。

私が、昔、日赤の献血のボランティアをしていたときのこと・・・
テントの中で受付を担当していると、必ず1日に1人か2人、こう言う人が現れる・・・
「何がもらえるんですか?」
唖然である・・・
何がもらえるかで献血するかしないか決めるという。
これが、どいつもこいつも女性・・・しかも、中年女性か高齢女性・・・(苦笑)
「あさましい」というか、「えげつない」というか、「意地汚い」というか・・・
昔から、こういう人はいたわけだから、ふるさと納税で高額返礼品を欲しがる輩が多いのもうなずける。
これは、明らかに国の制度設計のミスだろう。
「意地汚い」国民が多いということを把握していなかったのである。(大笑)
純粋な気持ちで寄付をする人ばかりだと思っていたのだろう。
その寄付に対して市町村長からの礼状1枚では申し訳ないから地場産品の一つでも送ったら?・・・ということだったのだろう。
が・・・世間はそんなに甘くない・・・・意地汚いのである・・・(大笑)

昔は、故郷を離れて都会に出て一旗揚げて成功したら故郷に錦を飾ったのだろうが・・・
今は錦を飾ることはない・・・故郷に戻ってこないのである!(大笑)
だから、せめて故郷におカネでも・・・と寄付をするのが一番まともな気がするのですが・・・
「寄付」なんだから、自分の故郷でなくてもいいです・・・としたことが、そもそもの間違いかも。(笑)

この制度・・・・確かに見直した方がいいかもしれない。
スポンサーサイト





エッセイ | 17:42:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する