FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

F2戦闘機の後継機は?
航空自衛隊のF2戦闘機の後継機の開発を巡り、米国のロッキード・マーチン社が、防衛省に売り込みをしている。
最新鋭ステルス戦闘機のF22とF35の電子機器やステルス技術を組み合わせたハイブリッド(混合)型を提案しているそうで、1機あたり日本円で約220億円だそうだ。
1機あたり220億円もするのかよ!・・・と驚くが、これに更にもろもろのものが加わるはずである。
飛行機の機体だけを買えばよいというものではない。

現在、航空自衛隊が保有しているF2戦闘機は約90機あるが、2030年頃には退役する予定である。
このF2戦闘機は、米国と共同開発されたもので、平成7年(1955年)に初飛行し、5年後の平成12年(2000年)から部隊配備が開始された。
このF2戦闘機の前にあったのがF1戦闘機・・・
こちらは日本初の国産戦闘機で、昭和52年(1977年)に量産機が初飛行し、同年に部隊配備となっている。
生産機数は77機だそうで、機体とその他の関連費用を合わせて、1機あたり27億円だったといわれている。
それが、今度の次期戦闘機は220億円?(驚)
う~ん・・・米国に“ボッタクリ”されているんじゃあるまいか?(笑)
ちなみに、F1戦闘機は平成18年(2006年)に全機が退役している。

高度な技術が使われているらしいから、価格が高くなるのはわからないでもないが・・・
現在のF2戦闘機は関連費用を合わせても130億円前後ではなかろうかといわれている。
それが1機あたり220億円ともなると、関連費用を含めたら現在の2倍・・・
今まで通りの費用で・・・と考えると機数を減らして、40機前後?
これで日本の空が守れるだろうか?(唖然)

“費用対効果”を考えると、果たして1機あたり220億円(実際にはもっと値が上がる気がしますが・・・)を配備しても、滑走路に2か所くらいミサイルか爆弾で穴を開けられたら離陸も着陸も出来ないのではあるまいか?
空に飛びあがってこそ意味があるわけで・・・・
地上に待機中に第一撃で破壊される可能性もあるわけだし・・・(大汗)
そう考えると・・・220億円ねぇ~・・・・ちょっと高いよなぁ~

日本の国防を考えたら、国産化が一番良いと思う。
特殊な、または重要な部品は米国から買わねばならないということでは、いざという時、つまり相手国がどこであれ、日本が戦場となっている時に米国から部品は届かないだろうから・・・修理も交換も出来ないわけで・・・
そうなると、飛ばない戦闘機は、ただの鉄の塊である。(苦笑)
かといって、同等のものを国内で開発して“国産化”を図るとなると、総事業費が数兆円になるという試算もあるとか・・・
数兆円かけて国産化しても、30年後には退役してしまい、また大金をかけて開発ということになる。
となれば、手っ取り早く“購入”したほうが良いか?
これもまた“費用対効果”である。(汗)
国内企業の技術力を上げるという意味では国産化の方がいいと思うし、本当の意味での“国防”を考えたら国産化が一番いいだろうが・・・
現在、ネットの世界でも、通信の世界でも、手っ取り早く安くという観点から他国の技術に乗っかっているが・・・
いずれ、日本人の個人情報や日本政府の情報が他国に洩れるのも時間の問題ではなかろうか?(汗)
技術的な重要な部分を他国が握っているとなれば、そういうことになると思うのだが・・・
一度、痛い目に遭わないと駄目かな?(大笑)

次期戦闘機を米国から丸々購入するのか、それとも米国と共同開発するのか(それでも重要な部分は米国は日本には明かさないだろう)、それとも無理してでも自力で国産化するか・・・
誰が最終的に決めるのかは知らないが・・・
賢明な判断をしてもらいたいなと思う。
スポンサーサイト





エッセイ | 22:53:54 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する