FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

友人の写真展を見に行く
東京で友人の“コニシくん”が写真の個展を開いているので、その写真を見に上京する。
場所は渋谷区神宮前・・・
最寄り駅は銀座線の表参道駅である。

以前にも、表参道駅には行ったことがあるはずだが・・・・
地上に出て・・・早くも迷子である。(大笑)

まぁ~綺麗な女の子がたくさん闊歩している。
目の保養、目の保養・・・と、キョロキョロしていたから迷子になっちゃったのかも。(大笑)
それにしてもファッションモデルのような人がウロウロしているが・・・
スカウトでもしてもらいたくて“徘徊”しているようにしか見えないのは気のせいか?(大笑)

早めに着いたので、近くの喫茶店で時間調整をして展示会場に向かう。
その途中・・・
たまたま1本の標柱が目に入った。
近づいてみたら「徳富蘆花住居跡」と書いてあった。

003_convert_20190213142318.jpg 002_convert_20190213142241.jpg

こういうところに史跡があったとはねぇ~
思わず嬉しくなってしまった。

約束した時間より少し早いが会場である「ピクトリコ」に到着。

006_convert_20190213142957.jpg

入口を入って見たら、なにやらお店という雰囲気・・・
あれ?・・・本当にここ?
店員さんに尋ねたら、このお店は高品質なインクジェット用紙を販売するお店で、奥の方にレンタル・ギャラリーがあるという。
はぁ、そういうことね・・・(汗)

奥のギャラリーに行ったら、受付にモデル級の美人の女の子がいた。
で・・・「“コニシくん”と待ち合わせしているんだけど・・・」と言ったら「まもなく来ます」とのこと。
「どうぞ自由に見てください」というので、展示写真を見学・・・
写真撮影もOKとのことだったので、写真も撮らせてもらった。(笑)

007_convert_20190213145844.jpg 008_convert_20190213145914.jpg

そのうちに受付の女の子が帰ってしまい、まもなくして“コニシくん”がやってきた。
「よぉ!久しぶり!」(笑)・・・である。

彼とは5年ぶりの再会かな?(苦笑)
前回の個展が大阪で開催されたので、大阪まで見に行ったのが最後である。(笑)

近くの洒落たお店で軽く食事をしながら酒を飲む・・・・

「うちの娘に会った?」と“コニシくん”
「娘?・・・いや・・・」
「受付をしていたはずなんだけど・・・」
「えっ!あの美人さん、お前の娘なの?」
「あれ?・・・自己紹介しなかったんだぁ~駄目だなぁ~あいつ・・・」
「へぇ~・・・あんなに大きな子供がいたんだぁ~」(大笑)

「受付のバイトに雇ったんだよ」(笑)
「バイト?・・・お父さんからバイト代を巻き上げるのか?」
「そうなんだよぉ~・・・ちゃっかりしてるだろ?」(笑)
「いやぁ~大したもんだぁ~しっかりしてるねぇ~」(大笑)
娘はバイトを掛け持ちしてしていて、時間になったからと急いで次のバイト先に向かったらしい。(笑)
「もしかして、親父より稼いでいるんじゃないか?」(大笑)

彼と初めて会ったのは米国のシアトル・・・
彼は短期留学だったので1ヶ月くらいで帰国した。
その1ヶ月間、必ずしもいつも一緒にいたわけではない。
必要に応じて行動を共にするという関係だったので、1ヶ月の間で会ったのは4~5回くらいではあるまいか?
クラスも違ったから、滅多に顔を合わすこともなかったような気がする。
あれから34年も経つ・・・・(唖然)
そういう浅い付き合いなのに、34年間も付き合いが続くとは不思議である。

あれから34年も経ったんだぁ~
それじゃ、あのくらいの大きな子供がいてもおかしくはないか・・・(大笑)
自分では、あの頃から全然歳を取っていないつもりなのだが・・・(大笑)

何だかんだと、2時間ほど大いにおしゃべりを楽しむ。
スポンサーサイト





日記 | 13:51:55 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する