FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フィリピン・ミンダナオ島の和平が前進(?)
フィリピンのドゥテルテ大統領が、南ミンダナオ島でのイスラム教徒による自治政府設立に向けた「バンサモロ基本法」に署名し成立させた。
この「バンサモロ基本法」の“バンサモロ”というのは、「イスラム教徒の国・地域」という意味だそうだ。

ミンダナオ島では、政府とイスラム系反政府勢力の紛争が40年以上も続いている。
そういうわけで、ミンダナオ島の西の方のイスラム系反政府勢力の地域に立ち入るのは危険である。
以前、ガイドに拘束されるから「絶対行くな」と言われたことがある。
基本的にマニラから連れてきたガイドはキリスト教徒なので、彼らに捕まればほぼ100%殺害されるという。
では、日本人の私は?・・・・生き残れる可能性は20%程度だという。(大汗)
ガイドの個人的見解なので、正確かどうかはわからないが、ほぼ、そんなところだろうと私も思う。
だから、私も現地に行っても絶対立ち入らないように気をつけている。

で・・・今回、大統領が署名した基本法だが・・・
今までのミンダナオ島西部の行政機関ミンダナオ・イスラム自治区を廃止して、代わりに独自の予算編成や徴税の権利を持つ自治政府の樹立を前提とする法律だそうである。

年内に自治政府への参加を問う住民投票を自治区ごとに実施して、うまくいけば、2022年には自治政府が発足するだろうと言われているが、今まで反政府活動をしていたイスラム最大の組織は、「モロ・イスラム解放戦線」だが、彼らがどこまで納得できるかにかかっているかも・・・
今まで、何度か政府に裏切られたことがあるようだから・・・土壇場でどうなるか・・・

ドゥテルテ大統領はミンダナオ島のダバオの市長をしていた人だから、ミンダナオ島のことはよくわかっている。
そういうことで、これはドゥテルテ大統領でなければできない事だと思う。
40年以上の紛争に終止符を打ってもらいたいものだ。

大いに期待したい・・・・
スポンサーサイト


エッセイ | 21:08:44 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。