FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

病院が倒産!?(驚)
今日、大分の“ヤスダさん”から電話がかかってきた。
で・・・開口一番・・・「お店が倒産しちゃったのよ」と言う。
「お店?・・・お店ってどこの?」
「ここ・・・」
「ここって・・・病院?」
「そう、病院が資金難で倒産しちゃったの」
「へっ?倒産?」(驚)

“ヤスダさん”は我が戦友会の会員で、96歳・・・・
一人暮らしだったが、病院の院長先生が「死ぬまでここにいていい」と言ってくれたので、自宅を引き払って、病院に移った。
あれからもう何年たつだろうか?
冷暖房完備、三度三度の食事も出て、医者が定期的に診察をしてくれて、お風呂(温泉)にも一番に入れてもらっていると喜んでいて「終の棲家なんです」と喜んでいたのに‥‥
資金難で倒産?廃業?・・・・
あらら・・・

話を聞くと、1月1日、元旦の日に、このことが全員に伝えられたという。
で・・・明日で病院は「終わり」なのだそうである。
それ・・・本当?(大汗)
なにせ96歳の言うことだからなぁ~・・・・疑うわけじゃないけど・・・(汗)

東京に住んでいる娘に引き取ってもらう予定だというのだが・・・
たしか娘さんは全盲だったはず・・・・
大丈夫なのかな?
「いつ迎えに来てくれるのかわからないけど、待っているんだ」と言う。
いやいや、これは大変な・・・・
受け入れ先の娘さん家族も、いきなりの話では、青天の霹靂とは、まさしくこのことだろう。
いやはや、とんでもない年の幕開けとなってしまったような・・・

東京に住むのであれば、今までのように、わざわざ飛行機に乗って大分まで会いに行かなくてすむから、拙者は助かるが・・・
別府から、いきなり東京への移住では・・・環境の変化が大きすぎるよなぁ~(汗)
大好きな温泉にも入れなくなるし・・・
しかも、年齢が96歳だからなぁ~
環境の変化に対応できるだろうか?
体調を崩してしまうのではなかろうかと、拙者が心配しても仕方がないのだが・・・(汗)

それにしても、何というタイミング・・・・
昨日、戦友会の会員の皆さんに会報を郵送したところである。
大分までは3日ぐらいかかるので、たぶん“閉鎖”される予定の明日の配達となると思う。
う~ん・・・・“ヤスダさん”の手元に無事に届くだろうか?(大汗)

とにかく、東京に移って、落ち着いたら改めて電話をくれるように話して電話を切る・・・

晩年になって、あれやこれやと心配事や気疲れするというのはキツイよなぁ~
「こんなことなら早く死ねばよかった」なんて思っちゃうんじゃなかろうか?
お年寄りには気持ちよく生きてもらって、そのまま旅立ってもらいたいと思っているのだが・・・
スポンサーサイト





日記 | 20:11:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する