FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
60歳・・・還暦である。
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)
今さら、もう無理!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

髭を生やしたミイラ発掘!
エジプト中部のアコリス遺跡の集落跡で、日本の調査団が約3000年前の髭のあるミイラを発掘したという。(驚)
当時、髭は王族や貴族を除いて、古代エジプトの民衆は通常は髭を生やしていないのだそうだ。
にもかかわらず、なぜか古代市民層の居住地域から見つかったという。
ん?何でだろう?

ミイラは成人男性で、耳の下から顎にかけて巻いた髭が豊かに残っていたという。
で・・・このミイラは木棺の中で亜麻布に包まれていたそうだが、布は腐っていて殆ど剥がれ落ちていたいたという。
木棺に入っていたという事は“偉い人”だったのか?

当時、髭というのは西アジアでは庶民の間で流行していたそうで・・・・
アコリス地域の人々が現在のレバノン周辺に居住していたフェニキア人と交易していたことはわかっているそうで・・・
そうなると、アコリス地域に定着した(結婚したとかで・・・)西アジアの人のミイラの可能性もあるという。
で・・・今後、DNA鑑定をして出身地を調べるとか・・・

いやぁ~「DNA鑑定」というのはすごいねぇ~
出身地がわかったら、古代の人の流れ、交流がわかるわけだ・・・
現代だって、「何でこんなところに日本人が?」というくらいアフリカや南米の僻地に日本人が住んでいたりするわけで・・・(苦笑)
昔も、かなりの遠方まで出かけて住み着いた人もいたかも・・・
交通手段は段違いに違うけど・・・・(笑)
う~ん・・・これが解明されたら面白いだろうねぇ~

それにしても、このミイラの男性・・・・
3000年後に衆目の的になるとは、夢にも思っていなかっただろうなぁ~(苦笑)
私が彼の立場だったら・・・嫌だな・・・かなり恥ずかしいぞ・・・素っ裸だし・・・・(大笑)
日本は火葬なので良かった・・・(大笑)
歴史を知る上では、火葬されて灰になるより土葬で骨になるかミイラのほうがいいとは思うけど・・・(笑)
スポンサーサイト





エッセイ | 23:04:24 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する