FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

認知症による行方不明者、最多更新!
昨年、認知症か、その疑いが原因で行方不明になったとして、警察に届け出があったのが1万5863人もあったそうだ。(驚!)
この統計を取り始めたのは2012年からで、この時と比べると1.65倍に増えているという。(大汗)
しかも、5年連続1万人を超しているという。

昨年中に警察の捜索活動で発見された人数は1万129人。
家族らが見つけたのは503人。
悲しいかな死亡が確認されたのは470人だという。
ちなみに届け出が取り下げられたのは125人。

認知症不明者が発見されるまでの日数は・・・
届け出の受理当日が72.7%・・・・
7日以内は、99.3%だったというから、自宅周辺の徘徊が主で、それほど遠くには行っていなかったようである。

私の親父は認知症にはなったが、徘徊はしなかったから本当に良かった。
これに関しては親父に感謝である!(苦笑)
徘徊されたら堪らんものなぁ~
認知症で徘徊してしまうという人を家族に持っている人は大変だろうなぁ~と思う。

私の知人の話・・・・
父親が認知症で徘徊するらしく、ある時、こっそり徘徊する父親の後をつけてみたらしい。
そして、自宅からかなり離れたので、声をかけて、何でここまで歩いたのかを聞いてみたそうだ。
父親の答えは、「ここにお寺があったはずなのに、いつの間にか学校になっているんだよなぁ~」と言う。
「ここを曲がると川があるはずなのに川が無くなっているんだよなぁ~」と言う。(大汗)
で・・・それを聞いていて、わかったのは、父親が言っている景色は父親が幼少の頃に住んでいた実家周辺の景色なのだそうである。
認知症になると、こういうことになるんだねぇ~
で・・・「おかしいなぁ~おかしいなぁ~」と思って捜し歩いているうち、行方不明になっちゃうんだろうなぁ~(大汗)

我が親父も、認知症になって、「この家は俺の家じゃない!」と、しきりに言っていた。
病院へ連れて行って帰ってきたら・・・「ここのお宅はどなたの家ですか?」と、すっとぼけたことを言っていた。(苦笑)
これじゃ、自宅の前まで来たとしても、気が付かずに素通りしちゃうだろうなぁ~(苦笑)
認知症は、子どもの頃の記憶が鮮明に甦って・・・・そこで思考停止か?(大汗)
いやはや、本当に困った病気である。(涙)

認知症以外も含めた行方不明者の総数は8万4850人だというのだから、認知症が原因の行方不明者というのは、かなりの割合ではなかろうか?
これから益々増加するかも・・・・(大汗)
その中に、いずれ私も含まれてしまうかも・・・(苦笑)
ちなみに、この8万5000人弱のうち、犯罪や事故の被害、自殺の恐れのある「特異行方不明者」というのが5万5939人もいるのだそうだ。(唖然)
そうなると認知症行方不明者より、こっちのほうが問題かな?
スポンサーサイト





エッセイ | 23:00:42 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する