FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

『艦長たちの太平洋戦争』


太平洋戦争・海戦主要年表

武運と幸運と
(戦艦「扶桑」艦長・鶴岡信道少将の証言)
     「陸奥」爆沈の目撃者
     水中防御に弱点
     運命のスリガオ突入

信頼の絆
(航空母艦「瑞鶴」艦長・野元為輝少将の証言)
     戦艦をふりまわす
     第二次ソロモン海戦
     南太平洋海戦
     義経の戦法

孫子の兵法
(戦艦「大和」艦長・松田千秋少将の証言)
     海軍人事の失敗が敗因
     必勝の軍令部作戦計画
     「大和」誕生の背景
     知らなかった栗田艦隊の突入

独創と捨て身
(軽巡洋艦「那珂」艦長・今和泉喜次郎大佐の証言)
     襲ってきた敵編隊
     修羅場と化した艦橋
     顔青ざめる射撃指揮官

門前の小僧
(航空母艦「隼鷹」艦長・渋谷清見少将の証言)
     商船から空母へ
     初陣から大活躍
     マリアナ沖海戦に出撃
     片肺航行で帰還

用兵の極致
(戦艦「伊勢」艦長・中瀬泝少将の証言)
     実戦に役立った戦訓
     対空砲で50機を撃墜
     艦停止、救助急げ!

統率の妙
(戦艦「長門」艦長・兄部勇次少将の証言)
     大艦隊の決戦準備
     ズサンだった図上演習
     訓練計画の大誤算
     「長門」の初砲撃
     きたるべき大作戦
     「長門」を襲った米軍特攻機
     三つの奇跡

武人の本懐
(戦艦「日向」艦長・野村留吉少将の証言)
     柔和で純朴な人
     噴進砲の威力
     比島沖海戦のミステリー
     不達だった重大電報

指揮官の責任
(軽巡洋艦「球磨」艦長・横山一郎少将の証言)
     艦長は海軍将校の目標
     司令官も驚いた執念
     ハワイ作戦はバカの骨頂

戦史の戦訓
(重巡洋艦「利根」艦長・黛治夫大佐の証言)
     大艦巨砲こそ生きる道だった
     「武蔵」は不沈戦艦にできた
     サマール島沖海戦

乱戦の中
(駆逐艦「初月」艦長・田口正一大佐の証言)
     米軍が驚愕した“月型”
     駆逐艦の洋上補給
     「大鳳」雷撃される
     燃える「大淀」

暗夜の快挙
(駆逐艦「綾波」艦長・作間英邇大佐の証言)
     開戦劈頭の砲撃第1号
     ガ島沖の遭遇戦
     海軍史上最高の“快挙”

綱渡りの航跡
(駆逐艦「秋月」艦長・緒方友兄大佐の証言)
     緒戦時の苦闘
     長十センチ高角砲の威力
     魚雷命中説のウソ
     沈没原因は味方の弾?

海戦の原則
(駆逐艦「浜波」司令・大島一太郎少将の証言)
     陰の貢献者たち
     井上成美大将の決断
     レイテへの出撃
     無謀なる輸送作戦のはてに

沈着冷静
(駆逐艦「有明」艦長・吉田正一大佐の証言)
     単艦でナウルを無血占領
     敵75機との遭遇戦
     前代未聞の空飛ぶ魚雷

空隙と盲点
(駆逐艦「時雨」艦長・西野繁中佐の証言)
     トラック大空襲に遭遇
     レーダー射撃からの遁走
     栗田艦隊の別働隊
     スリガオに突入す

決死の覚悟
(潜水艦「伊168」艦長・田辺彌八中佐の証言)
     ミッドウェーに出撃
     北北東に針路をとれ
     360度の敵前回頭
     敵機の奇襲をうける

好機到来
(駆逐艦「響」艦長・森卓次中佐の証言)
     死を覚悟しての撤収
     忽然と消えた米艦隊
     陸海将兵の涙の対面

同士打ち
(駆逐艦「春風」艦長・古要桂次中佐の証言)
     バタビヤ沖海戦に参加
     魚雷命中の記録はウソ
     「雪風」艦長を最後として

武運長久
(潜水艦「伊47」艦長・折田善次少佐の証言)
     潜水艦の微妙な特徴
     クラ湾で圧壊寸前の潜航
     米空母を撃沈したはず
     眠っている未発表戦果
     神鎮まる「回天」搭乗員
     玉砕島からの生還者

人間魚雷
(潜水艦「伊58」艦長・橋本以行中佐の証言)
     特潜を積んでハワイへ
     人間魚雷「回天」の出現
     グアムに「回天」を放つ
     交通破壊戦に「回天」発進す
     重巡「インデアナポリス」を葬る

価値ある敵
(駆逐艦「神風」艦長・春日均中佐の証言)
     老朽艦「神風」の出撃
     ペナン沖海戦の悔恨
     バンカ海峡に「足柄」を失う
     米潜水艦との一騎打ち
     米潜艦長からの手紙

危機への予感
(駆逐艦「文月」艦長・長倉義春中佐の証言)
     「魔の5分間」の興奮
     損害皆無の船団護衛
     盟友・飯野艦長の死

判断の良否
(駆逐艦「朝風」艦長・池田徳太少佐の証言)
     自爆する魚雷のナゾ
     実戦即応の全直
     無謀だった小沢長官の指示

先見の明
(潜水艦「伊41」艦長・板倉光馬少佐の証言)
     真珠湾で敵を騙す
     荒天下の襲撃
     敵機に帽を振る
     小手調べのスルミ輸送
     ブインの機雷源を突破

獅子奮迅
(駆逐艦「皐月」艦長・杉山忠嘉少佐の証言)
     緒戦で負傷す
     敵潜をやったぞォ!
     マニラ湾の激闘

最後の切り札
(潜水艦「伊401」艦長・南部伸清少佐の証言)
     遠大な米本土爆撃計画
     パナマ運河爆撃を目指す
     ウルシー襲撃に出撃
     作戦洋上で降伏

油断大敵
(駆逐艦「刈萱」艦長・島田喜与三少佐の証言)
     旧態依然とした対潜攻撃
     船団護衛の変わりダネ
     新兵器崇拝が命取り

指揮官の決断
(駆逐艦「梨」艦長・高田敏夫少佐の証言)
     東京急行の激闘
     レイテ沖海戦の不覚
     瀬戸内での対空戦闘

戦場の錯誤
(駆逐艦「椿」艦長・田中一郎少佐の証言)
     “傑物”有賀司令のこと
     友軍機誤射事件の真相
     「椿」の対空戦闘

押し問答
(駆逐艦「楢」艦長・本多敏治少佐の証言)
     恐怖のレーダー射撃
     戦力ゼロとなった「叢雲」
     覚悟を決めた東艦長
     三艦の兼務艦長となる

攻撃の死角
(海防艦「崎戸」艦長・小林恒次少佐の証言)
     「武蔵」の砲塔運送艦
     敵の裏をかく一斉回頭
     爆雷による敵潜攻撃

実戦即訓練
(海防艦「第4号」艦長・水谷勝二少佐の証言)
     “対潜用艦”で対空戦闘
     敵味方刺し違えの激戦

月下の戦慄
(海防艦「第81号」艦長・坂元正信少佐の証言)
     暗号「テイコクバンザイ」
     海兵と予備士官との違い
     終戦後にでた出撃命令

文庫版のあとがき


今年の読書:29冊目

スポンサーサイト





読書 | 16:36:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する