FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬猫に識別チップを・・・
自民党のどうぶつ愛護議員連盟のプロジェクトチームが、動物愛護管理法改正案の骨子案をまとめたそうである。
それによると、飼い主を特定する個体識別用マイクロチップの装着を義務付けるらしい。
これは迷うなどして保護された犬や猫の殺処分を減らすためのものだそうだ。

環境省によると、2016年度に殺処分された犬猫は約5万6千匹にのぼるという。
環境省としてはチップや名札などの装着を呼び掛けているが、不徹底なのが現状・・・
というわけで、チップの義務化が必要だということになったらしい。
しかし・・・どうなんだろう・・・これ・・・
義務化は良いけど、罰則規定を設けないと、結局は今までと同じになるんじゃなかろうか?
罰則規定は設けるのだろうか?

この骨子案・・・
殺処分の数を減らすという目的の他に、犬猫の保護を巡る行政コストの削減も目的としているらしい。
行政コストの削減は大いに結構なことである。
他人が捨てた犬猫や、迷子になって保護された犬猫に、そうそう皆さんの税金を使うのも、いかがなものか・・・(汗)
まったくゼロにするというわけにはいかないが、出来るだけ抑えるのは当然だろう。

骨子案では、繁殖業者と動物愛護団体に対して、生れた犬猫に個体識別番号を記録したチップの装着を義務付けるのだそうだ。
で・・・そのチップに年齢や性別、毛色などの特徴に関する情報を書き込んでもらい・・・
この犬猫を購入した飼い主は、自分が所有しているとの情報をデータベースに登録するのだそうだ。
問題は、ここだと思うんだよねぇ~
果たして飼い主が真面目に自分の情報をデータベースに登録するだろうか?(苦笑)
性善説に基づいて規則を作ったら、結局は何の意味もなさないことになるのではなかろうか?(大汗)
逆に、新設されるデータベース運営組織が役人の天下り先となって、役人の再就職先が増えるだけということになるのでは?(大汗)

いずれにせよ、これは「第一歩」・・・
犬猫で実績があがったら、今度は人間に識別チップを埋め込んで・・・(大笑)
ということになるかも・・・(大笑)
それもまた、いいかもしれない。
野良猫、野良犬同然の人間も多いみたいだから・・・(大汗)
スポンサーサイト


エッセイ | 17:47:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。