FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『危ない昭和史 下巻』
img217_convert_20180813210609.jpg

『危ない昭和史 下巻』
~事件臨場記者の遺言~
著者:岡田益吉
発行所:光人社
昭和56年4月7日 第1刷
定価:1200円

第1章 ファッショ化への過程

官吏減俸の波紋
   官僚、政党政治に抵抗
   動物園で官吏減俸反対の密議
   官吏減俸案の骨子
   枢密院の反対声明
   不評を買ったその他の原因
   司法官、猛然と起つ
   狡猾なる検事団の策謀
   減俸案中止
   政府、ふたたび減俸断行
   鉄道省従業員の減俸反対
政党政治の腐敗堕落
   官吏減俸問題遺聞
   醜怪な政党疑獄事件の続出
   東京市会の疑獄事件
   もっとも醜悪な勲章疑獄
   疑獄から製紙大合同
大恐慌で幕を開けた昭和史
   農村不況の指標
   農村の窮迫、東北に集中
   東北開発の後進性
   農村振興と軍事費の矛盾
   エロ・グロ・ナンセンスの風潮
陸軍ファッショ化の系譜
   ファッショ化への根本心理
   陸海軍革新将校の抬頭
   橋本欣五郎の軌跡
   すでに統制派はあった
   桜会成立の経緯
軍縮と大正デモクラシー
   軍縮による陸軍の変質
   早大の軍教練事件
   陸軍壊滅の軍制改革
   大正デモクラシー生きる
   鈴木貞一の実感
   「動乱」への責任は・・・・
元老・重臣の認識不足
   西園寺公の大錯誤
   陰険きわまる策動

第2章 昭和の暴発、満州事変

なぜ満州事変が起こったか
   石原莞爾の構想
   満州事変の第二、第三の計画者
   蒋介石・田中箱根会談
   田中外交の内部分裂
   誤れる済南出兵
   運命の5月25日
   張作霖爆死事件
   外務省の満州事変観
   陸軍と満州事変
日中友好の大源流
   蒋介石の満州観
   孫文以来の満州観
   人間孫文の苦悩
満州国家は傀儡国家か
   現地人の満州独立運動
   国民政府の排日指導方針
満州事変の勃発
   満州事変の原因
   満州事変当夜の外務省
   満州国独立の背景
満州事変と石原莞爾
   張学良政権の悪政
   民族協和による王道政治
   本庄軍司令官最良の日
満州事変と国際連盟
   満州事変と国際連盟理事会
   幣原外相の無準備
   錦州爆撃事件
   杉村・ドラモンド案とわが五ヵ条大綱
   幣原外相軍機漏洩事件
   スチムソンと白鳥の激突
   上海事変と荒木陸相の大福餅論
   七了口上陸と上海停戦
   国際連盟脱退の真相

第3章 昭和の軍人、破局へ導く

小畑敏四郎と根本博
   昭和陸軍の息吹き
   「石原・小畑」覚書
   塘沽協定
   日支の蜜月時代
全幕僚会議
   仮想敵国の決定
   荒木陸軍大臣の直話
   関東軍対ソ連軍の兵力差
   関東軍司令部
   統制派とは何か
   親独派の抬頭
   皇道派と統制派はどう違うか
陸海軍の予算争奪戦
   末次、松井、鈴木の三者会談
   陸相と海相の対決
   斎藤と荒木のひそやかな会見
二・二六事件への道
   荒木陸相の辞任
   荒木、林、真崎の親交破る
   荒木陸相と永田鉄山
   統制派の皇道派への挑発
   二・二六事件も勃発
芦溝橋事件の謎を解く
   最初に射撃したのはだれか
   牟田口連隊長の記録
   挑発した第三者
   岡村大将も共産党策謀設
   事件を事前に予知していた
   日本の秘密機関は探知していた
   芦溝橋事件と通州の惨劇
   大義名分なき支那事変
日米開戦、急を告げる
   米内海相、日米戦争に反対
   ハル米国務長官との密談
   米内内閣頓死
   大局を見ない首脳部
   奇妙な東條内閣成立

第4章 日米戦争、国を滅ぼす

山下奉文と東條英機
   戦争拡大に反対す
   山下の予言
   皇道派と統制派の対立
   東條の私心
   イエスかノーか
東條英機と石原莞爾
   二・二六事件を片づけた両雄
   大失敗の人事
   磯谷参謀長とのケンカ
   東亜連盟を説く
   三度渡満を狙う
   東條は犬だと罵る
   東條暗殺事件
海南島占領で始まった日米戦争
   海軍がはじめた太平洋戦争
   かくて海軍は敗れたり
   時代遅れの旧思想
   陸海軍は同じ穴のむじな
東久邇宮の日米戦争予言
   東久邇宮の「重要日記」
   日米開戦を憂える人たち
   日米開戦を憂える天皇
   木戸幸一の南進政策論
   天皇、軍部のウソに御不満
   東條英機の弱音
終末を見失った戦争指導
   陸海軍の戦略の相違
   崩れ去る「建設しつつ戦う」の構想
   戦争指導混迷す
   迷宮入りした“名誉ある和平”
皇族軍人の戦争責任
   強気な秩父宮
   現実的な高松宮
   軍にあやつられた伏見宮
   ロボット参謀総長閑院宮
   ダマサレなかった東久邇宮
宿命の日ソ戦争
   「生命線」を忘れた太平洋戦争
   明治天皇と桂首相の腹芸
   ロシア救援と荒木の卓見
   ソ連の東漸政策と「東方会議」
   石原莞爾のウラジオ金玉論
   統制派・皇道派対立の真因
終戦五人男
   負けることの難しさ
   木戸内府の決心
   鈴木貫太郎の腹芸
   阿南入閣の裏面
   米内海相に翻意を求めた陸相
   東郷外相、陸軍のケツをたたく

参考引用文献



今年の読書:1冊目

スポンサーサイト


読書 | 20:53:25 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。