FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄本島に対艦ミサイル
政府が沖縄本島に陸上自衛隊の「12式地対艦誘導弾(SSM)」の部隊を配備する方向で検討しているそうだ。
これは、中国海軍の艦艇が沖縄本島と宮古島間を頻繁に通過する現状からだそうだが・・・・
え?・・・今まで配備されてなかったの?
と・・・そっちのほうが驚きである。(大汗)
沖縄本島には米軍が駐留しているから大丈夫・・・ということだったのだろうか?

宮古島には既に、このSSM部隊の配備が進められているが、この対艦誘導弾の射程は百数十キロしかない。
宮古島から沖縄本島までは約300km離れているので、沖縄寄りに航行されると、誘導弾は届かない・・・(大笑)
そこで、沖縄本島にもSSM部隊を配備すれば、沖縄本島と宮古島間の全域がカバーできるということでの配備のようだ。
そうしないと意味がない・・・(大汗)
ハッキリ言って、子供でも分かる話・・・・(苦笑)
それが、ようやく“検討”だというのだからお目でたい。(大汗)

奄美大島や石垣島にはSSM部隊と防空を任務とする地対空誘導弾(SAM)部隊の配備が既に決定されているという。
ようやく沖縄本島への配備の“検討”に入ったということは・・・
今まで沖縄県民の“民意”(反発)を考慮して遅くなったのかな?
しかし、“反対勢力”が果たして、本当に日本人なのか、本当に沖縄在住の沖縄県民なのか、はたまた他国からカネをもらった”アルバイト気分の連中”なのか・・・そこがイマイチ分からない。(苦笑)
内部から混乱を招かせ、切り崩して、相手を弱体化させてから攻めるというのは「孫子の兵法」の一つである。
その辺を見極めないと、沖縄県も日本領である以上、国を守ることが出来ない。
沖縄は、何だかんだと面倒くさいことを言うから、侵略国にタダでくれてやる・・・というわけにもいくまい?(苦笑)
ようやく少しはマトモになってきたかなという気がしないでもない。

尖閣諸島などの問題もあり、南西諸島の防衛強化の一つが、このSSM部隊の配備だと思うが・・・・
問題は、実際に有事の際(どの時点で有事と判断するかが難しいと思うが・・・)、本当に誘導弾を発射することが出来るかどうかである。
どうしよう・・・と躊躇している間に全滅させられちゃうんじゃないか?(苦笑)
そう考えると、事は一分一秒を争うわけだから、法的整備を含めて、実際に“使える”体制を作っておかねばならない。
例えていえば、警官の目の前で、ひったくりがあった時に、警官が本署に電話して署長の指示を仰いでいるようでは警官がいてもいなくても関係ない・・・ということになる。(大笑)

自衛隊では、南西諸島などの離島奪還作戦の専門部隊も新設している。
驚いたことに「奪還作戦」なのである。(大汗)
つまり、最初から離島は占領されてしまうことが前提となっているのである。
ということは・・・・奄美大島や宮古島、石垣島は最初から侵略国に占領されるということか?
それから“おっとり刀”で奪還に向かうわけか?(大汗)
その時に無傷でSSMを奪われたら、海上自衛隊や海上保安庁の艦艇が日本の対艦誘導弾で撃沈されるかもしれない。
う~ん・・・こりゃマズイだろう。(大笑)

そう考えると・・・
最初から占領されることを“黙認”するのなら、下手に配備などしないほうがいいかも・・・(大笑)
高価な本物を配備しないで、本物っぽい模型でも並べておいた方がいいかも・・・(大笑)

結局は、国防は、その兵器を使う人間の問題だな・・・と思う。
スポンサーサイト


エッセイ | 16:22:02 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。