FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「自分は台湾人」の意識低下!
台湾に於いて「自分は台湾人です」という台湾人意識が低下しているという。
中国寄りの国民党政権から独立志向の民進党(民主進歩党)に政権が移った時(2016年)と比べると・・・
当初、「自分は台湾人」と答えた人が63.1%いたのに、現在では56.4%に減っているという。
これに対して「自分は台湾人でもあるが中国人でもある」と答えた人と、「自分は中国人である」という人が増えているという。
おや、おや、困ったものだ・・・

これは、中国が台湾人の修学、就職を積極的に支援しているせいではないかという。
つまり・・・篭絡しているということか?(大汗)
国民党政権の時は、中国は国民党を介して台湾の世論に働きかけてきたが、民進党政権になってからは、台湾人個人に対して働きかけ、台湾政府に対しては圧力をかけるという戦略に切り替えている。
つまり、台湾人に対して、中国の学校に入る者に便宜を図り、台湾の研究者を中国福建省の大学で採用する便宜を図り、仕事面でも中国での商売、就職を直接支援するというやり方をしている。
で・・・親中国の台湾人を育てて、いずれは台湾を中国の一部とすることを狙っているのだろう。

たぶん・・・あと50年もしたら、実際に台湾は中国の一部となって「台湾自治区」ということになるかもしれない。(大汗)

しかし・・・
そもそも、「台湾人」って誰のことを指すのだろう?
大昔から台湾に住んでいた「先住民族」・・・いわゆる「高砂族」と呼ばれた人たちは、当然、台湾人だと思うのだが・・・
中国が「清国」と呼ばれていたころに台湾に移り住んだ「中国人」の子孫は・・・台湾人か?
第二次大戦後に、蒋介石とともに台湾に移り住んだ「中国人」の子孫は・・・台湾人か?

どうもややっこしい・・・(苦笑)
どこまでの人を「台湾人」と呼ぶのだろう?
「台湾人」の基準が明確じゃないと、尋ねられた方もうまく答えられないのかもしれない・・・
「う~ん・・・おじいさんが福建省から渡ってきた人だから・・・自分は中国人かな?」(苦笑)
ということになるのではなかろうか?
台湾で生まれ育っても、自分を「台湾人」と言い切って良いかどうか迷っての結果かもしれない。
もしくは、「中国人」と答えた方が、カネを稼ぐには好都合だと思っている人もいるかもしれない。

もし、日本で同じような意識調査をしたら、どういう結果になるだろうか?
当然、ほぼ100%の人が「私は日本人です」と言うだろう・・・となるだろうか?(大汗)
いつのまにか、「私は朝鮮人です」「私は中国人です」という人が増えているかもしれない。(苦笑)
日本は台湾をとやかく言える立場ではなくなるかも・・・(大汗)

「日本人」というのも定義があいまいではなかろうか?
日本には「在日」と呼ばれる人たちがいる。
「俺は日本人だ」と威張って「在日」を差別する人たちがいる。
が・・・本当にこの人たちは「日本人」と言い切れるだろうか?
何百年も前に遡って見たら、朝鮮半島から移り住んだ人が「ご先祖様」かもしれないではないか?
そうなったら、「在日」を差別している自称「日本人」・・・この人たちを「日本人」と呼んでいいかどうか・・・
もしかしたら、渡来してきた時代が違うだけの、同じ「在日」ではなかろうか?(苦笑)
こうなると、「朝鮮系日本人」「中国系日本人」という呼び方が適当か?(汗)
でも、そもそもの「日本人」とは何かという定義がないとねぇ~(大汗)

国(国籍)と民族と人種の関係は、なんとも分かりずらい・・・
ましてや「ハーフ」とか「クォーター」だとかとなると、もっとややっこしい・・・(笑)
そこへもってきて、台湾の場合は、「台湾」が国として認められているのかいないのか、さっぱりわからないから・・・
ますますややっこしい・・・
もしかしたら、今の時点での「台湾人」という意識調査は愚問かもしれない。(大汗)
スポンサーサイト


エッセイ | 15:19:05 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。