FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
介護難民
介護大手の企業が地方から撤退しているらしい。
おかげで地方の「現場」では困惑しているらしいが・・・・
介護大手企業は、民間企業である以上、採算が合わなければ撤退するのは当たり前である。
これには人手不足の問題も影響しているだろう。

世の中はすべて「カネ」である・・・・
カネが儲からないのなら民間企業は手を引く・・・・
軽度の要介護者向けサービスを市町村に移行したのは国の政策である。
介護費の抑制が、目的の一つだったようだが・・・
つまりは「カネ」の問題である。
そうなると介護大手企業としては、報酬の高い重度の介護保険サービスにシフトせざるを得ない。
その地域に重度の要介護者が少なかったら・・・・採算が合わないから撤退・・・となる。
すべて「カネ」である。
国は、軽度の介護なら住民主体のボランティアによる「助け合い」で対応できるだろうと考えていたらしい。
これも「カネ」の問題である。
カネを使いたくないからボランティアに任せようということか?
「優秀な官僚」は相変わらず頭が悪い・・・・
住民相互の助け合いで・・・なんて、世の中は、そんなに甘くはなかろう?

それでは、どうしたらいいのだろうか?
一番いいのは・・・・長生きさせないこと・・・(大笑)
長生きするから要介護になるのであれば、要介護になる前に死んでいただくというのが一番いい・・・(大笑)
しかし・・・これは明らかに暴論である。
「姥捨て山」という話を子供の頃に聞いた覚えがあるが、あれはもしかしたら要介護で手のかかる親を山に捨てに行った話ではあるまいか?
最悪、「姥捨て山」をやるしかない・・・・か?
しかし、現在では、そういう棄てに行く「山」はない・・・
家屋の火事で焼け跡から高齢者の遺体が・・・というニュースに触れることが多くなったような気がする。
あれは、行く末を悲観してか、もしくは「老々介護」の果てに、自ら自宅に火を放って自分に始末をつけるという「現代の姥捨て山」ではなかろうかという気がすることがある。
報道機関は本来報道すべきことを報道しないから、実のところはわからないが・・・

要介護者は全て国が面倒を見てくれれば簡単でいいが・・・(汗)
それでは日本が、まるで社会主義国家になってしまうような気がして、なんとも面白くない・・・
楽なようでも、個人の選択肢がない・・・
「苦労する道」を選択する自由がなくなってしまうような気がする。

介護士の離職者が多いのは給料が安いということだけが理由だろうか?
給料が高ければ離職はしないのだろうか?
私は親父の面倒を見続けて、最期も自宅で看取ったが・・・
それは相手が自分の実父だからできたことで、相手が赤の他人だったら、いくらカネを積まれてもシモの世話までは出来ない。(大汗)
だから介護士やヘルパーさんは大したものだと思う。
誰もが出来る「仕事」とは思えない。
本来、その「仕事」に向いていない人が安易に介護士になるから、結局、離職してしまうのではなかろうか?

「子供たちには迷惑をかけたくない」と言う高齢者が多くなったような気がする。
この言葉・・・私の大嫌いな言葉なのである。
「自分の子どもたちには迷惑をかけたくない」ということは、誰にだったら迷惑をかけていいと思っているのだろう?
他人になら迷惑をかけていいということなのか?
私は子供のころから「他人には迷惑をかけるな」と親から教わって育った。
それでも、知らぬうちに他人に迷惑をかけてきたに違いない。
自分の子どもたちさえ楽ができれば他人に迷惑をかけてもいいというのか?
最初から他人に迷惑をかけることを前提にしていいのだろうか?
カネさえ払えば文句はないだろうということか?
国が何とかしろということか?
これは極論(暴論?)だが・・・
どうしても自分の子どもたちに迷惑をかけたくないなら、元気なうちに自分に始末をつけるべきではなかろうか?(大汗)
介護を受ける人の考え方を変えてもらわねばなるまいと思う・・・

私が赤ん坊の時には親にシモの世話をしてもらったのである。
夜中に散々泣いて親を睡眠不足にしたり・・・(笑)
いきなり熱を出して心配させたり・・・(笑)
そういう迷惑をかけながら育ってきたのである。
ということで・・・今度は、こちらが親の面倒を見るのは当然だと思うんですけど・・・・

出来るだけ他人に迷惑をかけずに、家族が最期まで面倒を見られるシステムは作れないものだろうか?
身寄りのない方のみ手厚い介護を受けられるようなものは作れないものだろうか?
本当に「頭のいい人」にいいアイディアを出してもらいたいものだと思う。

いずれにせよ、採算が合わず撤退する民間の介護大手企業を非難するのはお門違いだと思う・・・
スポンサーサイト


エッセイ | 15:17:07 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。