FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『定年認知症にならない脳が冴える新17の習慣』


はじめに

第1章 あなたの脳の状態を知る

脳機能は大きく三つの層に分けられる
脳幹は生命維持
大脳辺縁系は感情と欲望
大脳新皮質は理性
第三層は進化の結晶
脳は安定させる努力が大事
定年認知症のリスクをチェックする
確認した項目の裏の意味
   (1)脳幹の機能を守れているか
   (2)大脳辺縁系を制御できているか
   (3)大脳新皮質を毎日鍛えているか
定年後はほんとうに理想郷か
ストレスフリーは幸せでも安心でもない

第2章 定年と認知症はどう関係するか

わたしも定年後に認知症になる?
医者の間では前からあたりまえ「定年認知症」
長寿社会にはなったけれど
脳はどう取り扱えばボケないか
長い間ナゾだった脳
あなたの脳の常識は時代遅れ
脳には「正しい」取り扱い方がある?
これまでの話をまとめましょう
からだではなく脳専門の健康法が必要
1万人の脳画像と現実の姿
脳はどのように枯れ始めるか
目に見える変化のずっと前から始まる
ちょうど定年の後に認知症となる
わたしの送ったアドバイス
脳のどこに問題があるかを見極める
大脳新皮質は鍛え続けなくてはならない
管理職のポジションは要注意
年だから、ではない。ダメにしてきたからダメになる

第3章 まず脳幹を守れ

健康で幸せな最小限度の生活
まずはとにかく脳幹を守る
樹木でいえば根にあたる脳幹
脳幹の守りとは「負荷をかけない」こと
脳幹の負担とはなにか
生活を大事にすることは脳幹を大事にすること
現代は快適な時代
1 睡眠を確保する
     質のよい睡眠を心がけよう
     脳幹を整えるのは体内時計
     夜は寝ないと脳が壊れる
     自分の眠りを正しく認識する
     脳幹のリハビリは奇跡をも起こす
     眠っている間の脳の仕事
     会社はわかっている、脳幹生活の重要性
     定年後こそ目覚まし時計が必要
2 体温を一定に保つ
     なぜ頭が働かないのか
     自律神経だけでは体温は維持できない
     脳幹のために「天気予報」を見る
3 水分補給を怠らない
     からだの感覚より習慣化が大事
     昔から伝えられてきた知恵
4 歩行は、毎日一定量歩く
     歩くことは、からだだけでなく、脳によい
5 体重は、太り過ぎないようにする
     朝の体重でその日の食事を決める
     一定した体重は脳幹を守る

第4章 あなたの中の動物、大脳辺縁系

これからは脳の健康
第二層と人間性
欲望と感情をつかさどる古い脳
第二層は上の層と通信している
車でいえばエンジン
大脳辺縁系と定年認知症
「やめられない」はすべて第二層の暴走
第二層の暴走が認知症を引き起こす
5人以上の人間関係を保つ
喜怒哀楽少なく、やわらかな心で
     CASE:大脳辺縁系による認知障害
     CASE:衣食住で脳のストレスを取る
     CASE:かんたんな雑用から脳を起こしていく
     CASE:大脳辺縁系に絶大な影響を及ぼす人間関係
第二層暴走のワーストケースを知ろう
     CASE:ピック病になった自治会長
誰でも暴走する可能性はある
大脳辺縁系は急には躾けられない
中年以降は暴走のきっかけ自体を絶つ
そもそもなぜ「辺縁」なのか
辺縁系はむしろ心の中心
ストレスをため込まない
心は過去にとらわれる
前頭葉を活性化する
時間をつかさどる海馬
ノートをつけよう

第5章 生涯育つ脳、大脳新皮質

まず第一層・第二層を整える
     あなたの脳の司令塔、大脳新皮質
     思考とは脳が情報を処理すること
     思考には健全な土台が必要
第三層を育てる
     必要なのは「新しい情報」
     認知症を「枯れる」とたとえるわけ
     情報は脳のライフライン
     前頭葉は脳内の全情報を見渡している
     頭が働くとは前頭葉を使い慣れていること
     前頭葉は「その人らしさ」をつくり出す
     前頭葉の危険シグナルを見逃すな
     休ませることがいちばん重要
     入力だけでなく出力が大事
     やはりノートが役に立つ
     もの忘れは問題ではない
       CASE:前頭葉が機能していない「考え無精」
     記憶の話
楽し過ぎも使い過ぎもNG
     脳が「仕事」をしている状態とは
     仕事量を正確につかむ
     脳の仕事に定年はない
     人を相手に働き続けよう
     とにかく脳は楽したがる
     安定と変化のバランスをとる
     状況依存に陥らないコツ
     対応力は育てなければ育たない
     脳は使い続けることによってのみ維持される
     環境以上に本人の姿勢が大事
40代からは制限速度で
     健康の「制限速度」とは
     制限速度は自分で守るもの
       CASE:自分の意志でタバコをやめる
       CASE:脳に情報をフィードバックして体重と血圧を下げる
     脳にも制限速度がある
     血圧は脳の制限速度そのもの
     感情をコントロールする
     感情はほんらい個の生存に不可欠
     だからこそ個を離れて考える癖をつける
     感情から自分を物理的に引きはがす
     紙に書き出して客観視する
大脳新皮質は「永遠の開拓者」
     うまくいくことは前頭葉の仕事ではない
     うまくいくと脳はそれ以上深く考えない
     だからこそ次の開拓者に移れる
     「自動でうまくいく」を担当する小脳
     うまくいかない間は前頭葉、いくようになったら小脳
     運動だけでなく思考パターンも小脳に
生きているかぎり未完成
     カントのたどり着いた思考の臨界点
     課題を整理して数を減らす
     目標を持つということ
     朝は予定を書き出して今日のストレスを予測する
     仕事をやめてはいけない
     百年大樹を目指す

おわりに
わたしが医師になった理由
定年認知症をあきらめない
脳という資本


私は定年退職をしたわけではないが・・・(大笑)
妹が私の誕生日にプレゼントしてくれた2冊の本のうちの1冊である。
う~ん・・・読まねばなるまいね?(苦笑)

本書で「ピック病」というのを初めて聞いた・・・
別名、前頭側頭型認知症ともいう病気で、何年もかかって脳の前頭葉と側頭葉の神経細胞が壊れて萎縮していくのだそうだ。
で・・・特有の人格変化や行動異常を起こすのだそうだが、典型的な症状の一つに反社会的行動があるという。
これは、大脳新皮質が壊れたため大脳辺縁系を暴走させてしまっている、つまり、コントロールできないからだという。

この話を読んでいて、ふと、頭に浮かんだ…
私のブログに何年にもわたって誹謗中傷のコメントを書き込んでいる人間がいる。
その言動は、私のよく知る「知能指数が低い人」にソックリなので、この人物も「知能指数が低い人」なのだろうと思っていたのだが・・・
もしかしたら、「ピック病」なのかもしれない・・・(大汗)
私のブログが気に入らないのであれば読まなければいいのに、そんな簡単なことも出来ず何年にもわたって、嫉妬からくる誹謗中傷と暴言を吐いているのだから、もしかしたら脳が壊れているのかもしれない。
親父もそうだったが、認知症の人は自分が認知症だということが理解できない。
脳が壊れているのだから、仕方がない・・・
それと同じだろう。

世に“炎上”という言葉がある。
ネットが炎上した・・・とか・・・
なんで炎上するのかが私には理解できないのだが・・・(無視すれば済むことだ思うのだが・・・)(笑)
ネットに記事を書く人、その記事にコメントを書く人、双方に言えると思うが・・・
脳が壊れている人が書いた記事や、脳が壊れている人からのコメントは無視すべきである。
相手が“まともな人”だと思って相手にするから、火に油を注ぐことになり、さらに炎上するのではなかろうか?
相手に何を言っても、相手は脳が壊れているのだから無駄な行為である。
そのことに気が付けば「炎上」なんていうことは起きないのではあるまいか?(苦笑)
いずれにせよ、私のブログに嫌がらせのコメントを書きこんでくる“某”は、大脳辺縁系に異常をきたしていることは間違いなさそうである。(素人の見立てだが・・・)(笑)

本書では大脳辺縁系の制御として、喜怒哀楽を少なくすべきだと説いている。
が・・・私には、これがよくわからない。
喜怒哀楽の「怒」と「哀」は少なくした方がいいとは思うが・・・・
「喜」と「楽」は抑える必要はないのではなかろうか?(苦笑)
「喜怒哀楽」を押さえてしまうと、どうも無感動、無感情、能面のような無表情で生きるべきだと言われているような気がして納得しがたいのである。
「喜」と「楽」だけは、今まで通り維持して・・・(笑)
明るく楽しく、穏やかに、ニコニコしながら余生を生きたいと思っているのだが・・・

脳についての話は、「大脳辺縁系」だの「大脳新皮質」だのと、聞きなれない言葉が出てくるから、なんとも読みずらいのだが・・(苦笑)
ここを軽くかわして読めば・・・(笑)・・・結構、面白く読めるかも・・・

たぶん、我が妹は、「認知症になるな!」と言いたかったのでしょう・・・・(大笑)
気にしてくれて感謝、感謝・・・・


今年の読書:6冊目

スポンサーサイト


読書 | 18:03:24 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。