FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
58歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
道路橋の修繕
地方自治体などが管理する「道路橋」・・・・
老朽化に伴う架け替えを含めた修繕費用が、今後50年間で約27兆円になるという推計結果が出たという。(唖然)
試算の対象は約64万カ所の道路橋だそうで・・・
そのうち、政令指定都市を除く市区町村が管理する道路橋は約48万カ所あるそうである。
で・・・これらの市区町村の修繕費は13兆4千億円に上るという。

ところが、財政事情の悪化や技術系職員の不足のため、補修工事どころか日常点検にも手が回らない状態だそうで・・・
市町村では「とてもじゃないが支払えない」と言っているとか・・・(汗)

でもねぇ~・・・・
道路橋って耐用年数って決めていないのかね?
道路橋を造った段階で、耐用年数に基いて何十年後かには架け替えをするという計画って立てないのかね?
その計画に従って架け替えもしくは修繕費の積み立てってしていなかったのかね?
もし、そうだとしたら、それは職務怠慢じゃなかろうか?(笑)
いまさら「支払えません」は通用しないんじゃないのかね?

私が関わっている戦友会・・・
戦没者の「慰霊碑」を建立している。
私が会計も担当しているのだが、絶対手を付けてはいけない積立金がある。
会の運営や慰霊祭などの費用は通常会計内ですべて行わなければならない。
この手を付けてはいけない積立金は・・・
慰霊碑の文字がかすれたり、破損した時の修繕費に当てるか、慰霊碑の移転もしくは撤去を余儀なくされた時のための費用に充てることになっている。
だから絶対手を付けてはいけないと前任者から言われている。
慰霊碑建立の時には、生還者、遺族とも、その思いの高さから寄付金を出し合って比較的スムーズに進んだだろうが・・・
これがもし、撤去、処分するために寄付金をくださいとなった場合、果たしておカネが集まるだろうか?
まず、無理だろう。
処分費用に多額の金を出してくれる人などいる訳がない。
撤去処分費用がないので、このまま放置します・・・というのは無責任というものだろう。

我々ですら、十分といえないまでも、ここまで考えて手を打っているのに・・・
役所が耐用年数に基づく修繕費・架け替え費用の手当てをしていないというのは問題ではないだろうか?
道路橋崩落による大惨事が起こる前に、耐用年数を超えた古い道路橋は撤去するしかないか・・・
日本中、あっちもこっちも道路が寸断ということになるだろうが・・・
自業自得だな・・・と思うしかないだろうなぁ~(苦笑)
スポンサーサイト


エッセイ | 19:59:00 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。