FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ダビンチの「幻の作品」
レオナルド・ダビンチがキリストを描いた油絵が、ニューヨークで競売にかけられ、手数料を合わせて日本円で約508億円で落札されたという。
この絵は、ダビンチの絵画のうち唯一の個人所有の絵だそうで、長年行方不明になっていた「幻の作品」だそうである。
17世紀に英国の王であるチャールズ1世が所有していたが、その後、所在が不明となり、2005年に存在が確認され、ダビンチの作品だと鑑定されたのだそうだ。

それにしても日本円で約508億円・・・いったい誰が買ったのだろう?
506億円で売れても当然、ダビンチの懐にはいる訳はない・・・(笑)
ダビンチが描いた当時は、この絵の値段はいくらだったのだろうかと、そちらのほうに興味が湧く。(笑)

画家がこの世を去ると、その画家の作品の値段が上がるという話を聞いたことがあるが・・・
506億円(4億5千億ドル)で売買されたことをダビンチが知ったら、どう思うだろう?

なんとなく、画家って寂しい職業のような気がしてきた・・・
スポンサーサイト


エッセイ | 23:14:50 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。