■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
所有者不明の土地
民間有識者でつくる研究会が所有者不明の土地の推計を発表したという。
何という名前の「研究会」なのかは知らないけど・・・(苦笑)
“有識者”ってどんな人たちなのかは知らないけど・・・(苦笑)
とにかく“偉い人”が研究して発表したのだろう。

それによると、昨年時点で所有者不明の土地は九州を上回る約410万ヘクタールあるという推計だそうだ。
この“推計”の意味が分からないけど・・・(苦笑)
根拠とする数字(データ)にはあまり確証がない・・・ということなのかな?(苦笑)
変な逃げ方をしている“発表”のような気がしないでもない。(苦笑)

この研究会によれば、2040年には所有者不明の土地はさらに増えて全国で約720万ヘクタールに達する可能性があるという。
これは北海道の面積の約9割の広さだという。
今のまま、何の手も打たないでいると、こういうことになりますよという警告なのだろが・・・
なんで“2040年”なのだろう?(苦笑)
なんで“2100年”ではないのだろう?(大笑)
2100年になったら日本の国土の半分が所有者不明の土地になるかも・・・・
それを言ったら嘘っぽく聞こえるから避けたのかな?(大笑)

なぜ、こういう「所有者不明の土地」が多いのかというと・・・・
所有者が亡くなった後に相続登記されなかったため、現在の所有者がわからないとか・・・
相続等で税の負担が生じるのを避けるため登記手続きをしていないとか・・・
そういう事例が多いとされている。
ならば・・・
登記をしないということは“この土地はいらない”ということだと思うんですけど・・・
土地がいらないというのなら・・・・その土地を国有地として国が所有してもいいんじゃないか?
一定期間の間に登記がされない土地は自動的に国のものにする・・・というわけにはいかないのだろうか?
そういう法律を作ってもいいんじゃないか?
そうすれば簡単に解決する問題ではないか?(大笑)
わざと“できない理由”を並べ立てて、何もしないで手をこまねいているような気がしないでもない。
土地の相続者が「登記」じゃなくて「投棄」したんだから、国が貰ってもいいんじゃないか?(笑)

そもそも「自分の土地」に固定資産税というのがかかって、国に税金を納めなければならないというのはどういうことだろうか?(苦笑)
この土地は“自分のもの”なのにねぇ~
しかも、土地の取引等で税金を払ったうえで手に入れたものなのに、手に入れてからも更に毎年国にカネを払わないといけないというのはどういうことなのだろう?
これは土地が個人のもののように見えても、実は国から“借りている”という考え方なのかもしれない。
つまり、“借地”ということになる。
ということで・・・借地の地代が「固定資産税」・・・ということなのかな?
もし、そういうことであれば、なおさら登記されていない所有者不明となった土地は国が“接収”してもいいんじゃないか?

税金は入ってこない、勝手に開発も出来ない・・・というのでは国としてはかなりの損失である。
一度国有地にして地方自治体に貸し出すとか売却するとか・・・(笑)
一般に売却するとか・・・・
道路拡張で移転をする人への代替え地に使うとか・・・
こういうことで社会にとって大いに結構な話になるのではなかろうか?
で・・・
所有者が現れ異議申し立てを受け付ける“天下り機関”も作って対応すればいいのではなかろうか?(笑)
で・・・
今まで滞納していた固定資産税と延滞金を支払ってくれたら土地を返してあげる・・・
う~ん・・・そこまでして土地の所有を申し立てる人が出て来るとは思えないが・・・(苦笑)
国有地にしてしまっても、それほどの混乱は起こらないのではないかという気がするのだが・・・

シンプルに考えてもいいんじゃないかなぁ~
素人考えですが・・・(大笑)
スポンサーサイト


エッセイ | 10:21:16 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。