■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
確かに親父が正しいが・・・(汗)
無事に検査を終えてタクシーで帰宅する。
タクシーを降りて門のところまでヨチヨチ歩きで辿り着いた親父がパタリと動かなくなった!
いくら手を引いても頑として動こうとしない・・・

「この家・・・中に誰かいるのか?」
「いや、誰もいないけど・・・」
「それじゃ、入るわけにはいかねぇなぁ~」
「はぁ?何で?」(汗)
「誰もいないんだろ?」
「誰もいないけど・・・」
「誰もいないんじゃ~入るのはやめよう」
「何で?」
「何でって、留守なのに勝手に入ったらマズイだろ!」
「いいから早く入れって!」(怒)

玄関の前まで何とか引っ張ってきたが・・・
親父は体力を消耗してフラフラしている。
にもかかわらず・・・

「留守なんだよな?」
「留守って・・・俺と親父は、外にいるんだから、家の中には誰もいないけど・・・・」
「お前・・・留守の家に勝手に入るのか?」(唖然)

いや、いや、あれ?・・・どうして、そういう話になっちゃうかな?(大汗)
確かに留守の家に勝手に入るのは問題だろうけど・・・(苦笑)

「この家は、親父の家だぞ!」
「うそだぁ~・・・初めて見たぞ!」
「いや、いや、そんなことはないでしょ?」(苦笑)
「ここの旦那さんは何をしている人なんだ?」
「ここの旦那さんって・・・あんたですけど・・・」(大汗)
「え?・・・・言っていることがわからねぇなぁ~」

それは、こっちのセリフである・・・(涙)
どう説明すれば分かってもらえるのかねぇ~(涙)

強引に玄関の中に親父を入れる。
ここで倒られたら、どうやっても持ち上がりそうもない・・・(汗)
早く家の中に入ってもらわねば・・・(涙)

親父は玄関から奥を恐る恐る覗きながら・・・「見たことねぇなぁ~」と言う。
「いいから、上れって!」
「いいの?勝手に上がって?俺は知らねぇぞ!」
「いいんだよ!俺が認める!」(苦笑)
「本当だな?何かあっても俺は知らねぇからな!」(怒)
「おお!任せとけって!」(笑)

どうしてこうも疑い深いんだろ?
確かに他人の留守宅に勝手に入るのはマズイだろうけど・・・
そういう意味では、親父の言っていることは、確かに間違ってはいないんだけど・・・
参ったなぁ~・・・このボケには・・・
スポンサーサイト


日記 | 22:31:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。