■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
親父のCT検査
先日、眼科医から直接電話がかかってきた。
総合病院の眼科医が患者に直接電話してくるなんて珍しいと思ったら・・・
CT検査を受けてくれという。
「こちらに来れませんか?来てもらわないと困るんですけど」と言う。
彼は若い眼科医である・・・
最近の若い人の言葉遣いがちょっと気になっていたが、この先生も同じ・・・
「困るんですけど」とは、どういう意味なんだろう?(苦笑)
最初から相手を責めるような言い方である。
拙者はまだ行けるとも行けないとも言ってないんですけど・・・(苦笑)

この医者が言うには、CT検査は当日来たらすぐに出来るから・・・とのこと。
それなら、先日の診察の時に、一緒に検査しておけばよかったのに・・・(怒)
わざわざ検査だけのために連れて行くというのは大変なんですけど・・・(汗)
たぶん、CT検査をするのを忘れたのだろう。
誰かに指摘されたのかも・・・
検査を受けないと困るのか患者の方だと思うのだが、どうも、医者の言い方では、医者の方が困るようである。(笑)
立場上、CT検査をするのを忘れたのがバレたのではマズイという感じ・・・(苦笑)
紹介状を書いてくれた眼科医に報告したら指摘されたのか、それとも彼より上の先生に指摘されたのか・・・
とにかく“困る”らしい・・・(苦笑)

正直言って、こちらも困るんですけど・・・(苦笑)
衰弱してフラフラしている親父を一人で抱えて行くのは、かなり大変なのである。
先日は、妹と二人がかりだったから連れていけたが・・・(大汗)
しかも、半ボケ状態の割には、頑固なところは変わらない・・・
嫌だと言い始めてぐずったら、これをなだめすかして、騙し騙し連れて行くのに一苦労なのである。
いやぁ~・・・突然、来てくれと言われてもねぇ~(大汗)

医者の方は「来れないんですか?何とかならないんですか?来てもらわないと困るんだよねぇ~」の連発・・・
さすがにカチンときたが・・・(苦笑)
やむを得ない・・・
今日、CT検査を受けるために親父を病院に連れて行くことにした。
しかし・・・拙者が運転して行くわけにはいかない。
病院の第1、第2駐車場はいつも満車・・・
一番遠くにある第3駐車場には余裕があるが、車を止めてから、フラフラしている親父をどうやって病院まで運ぶかが問題。
まず無理な相談である。
かといって病院の玄関に親父を置き去りにして駐車場に行くというわけにはいかない・・・
半ボケ親父がどんな行動をするか分かったものじゃない・・・(大汗)
二人がかりだったら何とかなるのだが・・・一緒に行ってくれる人はいない・・・(苦笑)
こういう時、独身って不便だなぁ~(笑)
嫁がいれば、嫁と二人で運べるんだけどなぁ~(笑)

というわけで・・・タクシーで病院へ行くことにしたが、このタクシーに乗せるまでが一苦労・・・(大汗)
グズる親父をなだめすかして、汗だくになってようやくタクシーに乗せる。

無事に病院に到着!
親父の発した言葉は・・・
「へぇ~立派な建物だなぁ~・・・あんたは、ここの会員なのか?」
「はぁ?・・・ここは病院だぞ、親父・・・」
「へぇ~何しに来たの?」
「検査だよ」
「検査?そりゃ~あんたも大変だねぇ・・・そうか、それじゃ、俺の方もついでに診てもらおうかなぁ~」
「いや、いや、あんたの検査で来たんだよ!」(苦笑)
「ええっ?俺、どこか悪いところがあるの?」
参ったなぁ~
ボケまくっている・・・(苦笑)

CT検査では担当者に「頭を動かさないでいられますか?」と尋ねられたが・・・
親父は認知症が進行して半ボケ状態である。
自分が置かれている状況は理解できていないと思う。(苦笑)
「たぶん・・・動かしちゃうと思いますよぉ~」と言うしかない。(大笑)
あとは、担当者にお任せ!

こういう検査も、認知症の人の場合、どうなんだろう?
皆さんはどうされているのだろう?
「高齢化社会」と簡単に言うけど、一つ一つ細かい点を見ると、かなり大変な“社会”だと思う。(大汗)
「頭を動かさないでください」と言われても認知症のせいで理解できないんだからなぁ~(大汗)
「高齢化社会」=「認知症社会」「痴呆症社会」と考えるべきかもしれない・・・
身障者向けのバリヤフリー以上の対応策が必要かも・・・

控室で待機していたら、何度もやり直しをしているようで・・・(汗)
かなり手こずらせている様子が、担当者のドタバタしている音から想像できる。(苦笑)
なんだかんだと、かなり時間がかかったが、なんとか検査は出来たようである。
一件落着・・・(ホッ・・・)
スポンサーサイト


日記 | 22:04:58 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。