■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
手すり設置の打ち合わせ
今日、友人の“ウメちゃん”に自宅に来てもらう。
彼は材木屋さんで一級建築士で、工務店もやっている。
以前、うちの親父の体調に合わせて、家の中のバリアフリー改造をしたいとの話をしておいた。
あとは、親父の状況次第でゴーサインを出すということにしておいたのである。

で・・・このところの親父の衰弱は一時的というより“慢性化”しているように思える。
廊下を歩くにもフラフラしている。
ということで、以前に話した“方針”に従って、“ウメちゃん”にゴーサインを出すことにした。

事前に「計画」を話しておいたので、打ち合わせは簡単である。
やっぱり、事前に何でも話しておくと後が楽である。(喜)
廊下とトイレ、トイレの手洗い場に手すりを付けることにした。
事前に、このあたりに、こんなものを取り付けようかと話をしていたので、打ち合わせは、改めて親父の動きに合っているかの確認と、取り付け部の寸法測定のみである。
パパッとあっさりと打ち合わせを終了する。

問題は・・・補助金の申請である。
以前と違って昨年あたりから申請書の添付資料が面倒くさくなったそうだ。(唖然)
まぁ、お役所のやることだから・・・・(苦笑)
あれやこれやの資料を整えるのは確かに面倒だし、そこまで“ウメちゃん”に手数をかけるのも申し訳ない。
しかも申請してから許可が出るまでに時間がかかる。
許可が出てからでないと工事に取りかかれないとなると、その間に、もし転倒して怪我でもされたのでは、補助金の額以上の医療費を支払わねばならぬことにもなりかねまい。
親父の介護の費用は、親父の年金から出すわけだし・・・(笑)
拙者は自分の貯金を1円たりとも親父の為に使おうなんて気はないし・・・(大笑)
実費でいいんじゃないのぉ~
どうせ親父のカネだ・・・・(大笑)
“遺産”など残しても仕方があるまい。
自分のカネは自分のために使えばよろしい。(笑)

というわけで・・・・ケアマネージャーには補助金の申請をせず実費で工事をすることにした旨を伝える。
さすがに呆れたような返事をもらったが・・・(苦笑)
何でもかんでも補助金に頼る根性は拙者は好きではない。
本当にカネがないなら、いざ知らず、とりあえず何とかなるなら補助金は必要な人に使ってもらうべきだ。

医者からは「いつどうなってもおかしくない状態だ」と言われている。
手すりを付けた途端にポックリ逝かれたら・・・ちょっともったいない。(笑)
補助金の申請なんかでモタモタしている余裕などないのである。
「取り付けた途端に一度も使わずポックリ逝ったらどうしようか?」
「いやぁ~それはやめてよぉ~せっかく取り付けるんだから頼むから使ってくれよなぁ~」と“ウメちゃん”・・・
「一度も使わなかったら、おカネ、払わなくてもいいよね?」(笑)
「うそ!おい、おい、勘弁しろよ~、絶対使ってくれないと困る!お父さんを長生きさせろよ!」(大笑)
ワイワイとふざけながら打ち合わせ終了・・・・
こういう友人がいて本当にありがたいと思う。
スポンサーサイト


日記 | 11:14:12 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。