■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
宇佐海軍航空隊の戦跡を歩く
昼食後、時間に余裕がないので、あとはタクシーで回ることにした。
向かうは、宇佐海軍航空隊関連の戦跡・・・・
事前に、それほど詳細に調べたわけではない。
どうせ回り切れないだろうと思っていたので、主だったところだけを見て歩くことにした。

まずは・・・「宇佐空の郷」という施設・・・
ここに宇佐海軍航空隊(宇佐空)の資料が展示されているとか・・・

348_convert_20171001001514.jpg(宇佐空の郷)

353_convert_20171001001558.jpg

室内の中にド~ンと置いてあるのが、宇佐海軍航空隊の隊門・・・
主な展示物は、これだけで・・・(苦笑)
あとはパネル展示・・・
ボランティアガイドの“オジサン”にお話を伺う。
予科練や神風特攻隊の話・・・「おたくは詳しいですねぇ~」とおだてられた。
だから・・・拙者は予科練のあった茨城県から来たんだって・・・
フィリピンでの神風特攻隊の慰霊祭にも参加してるんだって・・・(苦笑)
そんなに詳しいわけじゃないけど、他の人より多少知っているだけ。(笑)

354_convert_20171001001650.jpg

外にある「隊門」はレプリカだそうだ・・・・

356_convert_20171001001721.jpg

この敷地の角が「隊門」跡だそうだが・・・
なんで、ここにレプリカの隊門を置かなかったのかな?

タクシーの運転手さんは、拙者より歳が若いが、連合艦隊司令長官・山本五十六海軍大将(元帥)の大ファンだそうだ。
というわけで・・・意気投合して話が弾んでしまったので、彼のお薦めの場所を回ることにした。(大笑)

次に向かったのは・・・・宇佐空の施設の廃墟・・・・

358_convert_20171005140238.jpg

宇佐海軍航空隊の落下傘整備所跡である。
かなりの廃墟・・・・
一応、市の史跡らしいが・・・
う~ん…もう少し何とかならんかなぁ~

次に向かったのは「城井一号掩体壕」という市の史跡・・・
飛行機を敵の空襲から護るための飛行機用の壕である。
タクシーの運転手さんは、この「掩体壕」というのが、どういうもので、どうやって造るのか・・・そういうことは全く知らないとのこと。
おいうわけで・・・・質問攻めである。(苦笑)
おかげで、おかしなことになった・・・
拙者がタクシーの運転手さんに個人的に講義をする羽目となったのである。
ん?・・・タクシー代を払いながら、教えるのか?(大笑)

371_convert_20171005143026.jpg

近くには慰霊碑があり、その後ろで何やら工事が・・・
どうも造成工事のようだが、タクシーの運転手さんが言うには、ここに宇佐空の資料館が建てられる予定なのだとか・・・
へぇ~そりゃすごい。
完成後に見に来るのが楽しみである。(笑)

376_convert_20171005144456.jpg

直ぐ近くを通る直線道路は、宇佐空の滑走路跡だという。

393_convert_20171005144915.jpg

時刻は午後3時・・・
他にも掩体壕があるらしいが、それらを見て回る時間はないので諦めて次の場所に向かう。
次に向かったのは、「宇佐市平和資料館」・・・・

433_convert_20171005150131.jpg

プレハブ小屋なのには驚いたが・・・
どうやら、この資料館が、あの掩体壕の後ろの土地に移ってリニューアル・オープンするらしい。
ますます楽しみである。

館内を、資料館の方にご説明をいただきながら見学する。

395_convert_20171005152049.jpg

これは「桜花」のレプリカ・・・・


特別攻撃機 桜花一一型

全長6.07m、全幅5.12m、全高1.15m、全重量2.14t
昭和19(1944)年海軍航空技術廠で開発された特攻のための兵器です。
航空隊員が1名乗り込んで機体ごと体当たりするため、人間爆弾とも呼ばれています。
胴体はジュラルミン等の金属、翼はベニヤ板等の木材で作られており、機首部分には重さ1.2tの爆弾が取り付けられていました。
母機である一式陸上攻撃機(一式陸攻)に吊るされて運ばれ、敵艦を発見すると切り離されました。
一式陸攻から放たれた桜花は、尾部にある3本の火薬ロケットを順番に噴射させ、時速600km以上に加速して突入しました。

(説明板より)



こちらは、零戦21型のレプリカ・・・・

409_convert_20171005152142.jpg


零式艦上戦闘機二一型

映画「永遠の0」で使用された「零式艦上戦闘機二一型」の実物大模型です。
鉄製の骨組みに合板を貼り付けて下地を作り、その上からアルミ板お接着し、本物に近い質感が再現されています。
機体表面の沈頭鋲(ちんとうびょう)(※)やコクピットなど、細部にわたり再現されています。
タイヤは本物の「疾風(はやて)」のタイヤを使用しています。
垂直尾翼には第721海軍航空隊(神雷部隊)を示す「721」の番号が記されています。
製作は、有限会社大澤製作所が行いました。

※外版と骨組をつなげる鋲で、空気抵抗を減らす為に平らな頭の物が使われました。

(説明板より)



撮影用のコクピット(操縦席)の模型もあり、ここに座って記念写真の撮影ができる。
う~ん・・・・座ってみたい気もしたが・・・
いい歳した大人が・・・という気もしないでもない・・・・(苦笑)
子供のころから零戦が好きだったが、座るのを諦めた。(大笑)

410_convert_20171005231042.jpg

397_convert_20171005230951.jpg 422_convert_20171005231153.jpg

418_convert_20171005231226.jpg

この資料館は、これらの実物大のレプリカと若干の展示品と解説パネルのみ・・・・
予想以上に早く見終わってしまった。(汗)
時刻は午後3時30分・・・・
まだ少し余裕がある。
ということで・・・このままタクシーを貸し切り状態にし、更に少々遠方まで足を延ばすことにした。(笑)

次に向かったのは「双葉の里」と呼ばれる場所である。
ここは、どうやら横綱の双葉山の生誕地らしい・・・・
銅像があるようなので、銅像の写真を撮りに寄ってみた。(喜)

434_convert_20171006104127.jpg

「道の駅」っぽい感じである・・・

436_convert_20171006104158.jpg

『超六十連勝力士碑』というのが、建物の前にド~ンと建っていた。
う~ん・・・これ・・・何?(汗)
この碑には、63連勝の第4代横綱・谷風、63連勝の第69代横綱・白鵬、69連勝の第35代横綱・双葉山の3人の名が手形と共に刻まれていた。
へぇ~・・・・である。
「横綱・双葉山」って、すごい人なんだ~(苦笑)
「双葉山」という名は、どこかで聞いたことがあるなぁ~という程度・・・
69連勝とは知らなかった・・・(大汗)

資料館を見学する。

446_convert_20171006104243.jpg

455_convert_20171006111121.jpg 457_convert_20171006111157.jpg

見学後、資料館の方にお茶をすすめられ、みんなでしばし雑談。
拙者が茨城から来たと言ったら・・・
横綱・稀勢の里、大関・高安の話で大盛り上がり!(唖然)
みなさん、2人の大ファンなのだという。(汗)
話に熱がこもるのはいいのですが・・・
実は拙者は相撲に全く興味がないのである。(大汗)
だから知識が全くない!(大笑)
しまった・・・やっちまった・・・「茨城県から来ました」なんて言わなければよかった・・・
みなさんの話に付いて行けない・・・(大涙)
他県の方々が茨城出身の力士のことに、やたらと詳しいのに、当の茨城出身の拙者は全く知識がない・・・(大汗)
何を言われてもチンプンカンプン・・・答えようがない・・・
冷や汗ものである。(大涙)

この資料館のすぐ裏手に、双葉山の生家があるというので見に行く。

462_convert_20171006153440.jpg 464_convert_20171006153555.jpg

468_convert_20171006154303.jpg

ここをサラッと見学し・・・・時刻は午後4時30分。
今日の観光は、ここで終了!
意外にも多くの場所を回れたので大満足である。
最寄りの駅までタクシーで向かい、運転手さんとお別れ。

478_convert_20171006155027.jpg (柳ヶ浦駅)

この駅前に蘇鉄が植えられていた。
説明板があったので読んでみたら、この蘇鉄は宇佐海軍航空隊の庁舎の庭に植えられていたものを、戦後、ここに移植したものだという。
最後の最後に、宇佐空の戦跡を見つけて感激!(喜)

このあとは・・・別府駅に向かい、ホテルに戻り、今日の行動を終える。
スポンサーサイト


旅行 | 12:06:50 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。