■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パン祖の碑
139_convert_20170822210849.jpg

パン祖の碑

江川英龍は、天保13(1842)年、この韮山屋敷において、兵が携行する兵糧(ひょうろう)として乾パンを製造しました。
このことは、パン食の普及していなかった当時の日本においては、画期的なことでした。
昭和27(1952)年、「全国パン協議会」および「静岡県パン協同組合」は、英龍に「パン祖」の称号を贈るとともに、この「パン祖の碑」を建立して功績をたたえました。

パン祖江川担庵先生邸
   蘇峰正敬書

江川担庵先生ハ、維新期ノ先覚者ナリ。
材ハ文武ヲ兼ネ、識ハ東西ニ通ジ、百藝皆該(か)ヌ。
乃(すなは)チ製麺麭(パン)ノ術モ亦(また)、本邦ノ開祖ナリ。

昭和後学蘇峰正敬識

(説明板より)


【静岡県伊豆の国市韮山・江川邸内】

スポンサーサイト


史跡 | 12:07:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。