■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
韮山反射炉
047_convert_20170822151104.jpg 051_convert_20170819103947.jpg

世界遺産
国指定史跡
韮山反射炉

韮山反射炉は、韮山の代官江川太郎左衛門英龍(担庵)らにより、安政元年(1854年)に着工、同4年(1857年)に完成した洋式の金属溶解炉である。
18~19世紀におけるアジア近隣は、西欧諸国の力による進出で、国権さえ危うくする事態が諸所に起きていたが、鎖国政策により海外への目を閉ざされていた日本は、表面泰平をむさぼる状態にあった。
先覚者担庵はこれを深く憂え、国防特に海防の必要性を強く訴え、幕府に対し江戸湾防備の具体策を建言してきたが、やがて幕府の容れるところとなり、品川沖に台場を構築し、大砲を据え、侵入する異国船を打ち払う方針が打ち出された。
台場据え付けの大砲は、従来のものより長射程で堅牢、かつ価格の低廉さが要求され、この条件を満たすためには、鉄製で口径長大なる砲の製作が必要となった。
かねてより、このことあるを予想し、夙に研究と準備を進めてきた担庵は、幕府の裁許が下るや直ちに反射炉築造に着手するが、不幸にして安政2年1月病没、その意思を継いだ子の英敏らにより完成することとなる。
しかし、度々の天災や粗悪な銑鉄使用の弊害等が重なり、鋳砲の成功までには並々ならぬ困難があったと諸記録に見える。
炉が反射炉と呼ばれる所以は、燃焼ガスの反射熱を利用して金属を溶解する方式によるもので、幕末期わが国ではいくつかの反射炉が作られている。
しかし現存するものとしては、山口県萩と韮山のみ、また当時の姿をほぼ完全な形で残すものとしては韮山反射炉をおいて他に例はない。
更には、産業革命の進む西欧では、間もなく効率の良い高炉の発達により、反射炉は短期間に消滅していったところから、反射炉の実態を知る上で、世界的にも貴重な遺産として捉えることができよう。
近時わが国の鉄鋼業は、世界に冠たる業績を挙げてきたが、これも反射炉築造に挑んだ先人達の意気と、粒々辛苦の教訓が、今に受け継がれているものと思われる。

(説明板より)


韮山反射炉の構造

反射炉は、鉄を熔解する炉体と煙突から構成されている。
煙突は、高さ(出湯口地盤から)15.7mで、上部にいくほど細くなっているが、内部は同じ大きさで、人が1人はいれるほどである。
15.7mの高さを必要としたのは、燃焼時にふいごなどの人力にたよらない自然送風を確保するためである。
この反射炉の築造技術は、幕末に長崎を通じて輸入されたオランダの大砲鋳造法を翻訳して取り入れたもので、韮山反射炉の構造は、この原書に残された図面とよくにており、当時の技術伝搬をよく示している。
また、松杭の基礎事業にみられるとおり、当時の土木技術レベルの高さを示す貴重な産業記念物である。
創業当時は、煉瓦の上に漆喰を塗りこめた白亜の塔であった。
現在の鉄骨は、耐震補強用に取りつけたものである。

(説明板より)


【静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268】

スポンサーサイト


史跡 | 10:09:08 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。