■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「共謀罪」法が成立
犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新たに設けた改正組織犯罪処罰法が可決して成立した。
今までの我が国の刑法では、犯罪実行後に処罰するということが原則だったという。
それを犯罪実行前に処罰するということになるのだから、刑法の大変革ということになるかもしれない。

これに対し、野党側は、かなり反発していたようだが・・・
その解釈が、かなりの「拡大解釈」のような気がしないでもない。
「内心の自由の侵害」などと言い出しているようである。
つまり、心の中で思っただけでも逮捕されて処罰されるのではないかということのようだ。
極端な話のような気がしますが・・・(苦笑)

テロ行為に対して、この「準備罪」は有効であると思う。
野党は自分たちが政権を取った時に、この「準備罪」がなかったら、テロ対策の時に不便ではないかと思うのだが・・・
野党は政権を取ろうという気はないから、こういう反対の仕方をするのだろうか?(苦笑)

共謀罪法は、277の犯罪に適用されるそうで、対象をテロ組織と暴力団などの「組織犯罪集団」と規定しているという。
構成員が2人以上で犯罪を計画し、そのうちの1人でも現場の下見や資金調達などの「準備行為」をした場合、その計画に同意した全員が処罰されるのだそうだ。
それなら、何の問題もないと思うのだが・・・

国民の安全を守るため・・・というのが与党の言い分で・・・
基本的人権の侵害だ・・・というのが野党の言い分だそうだが・・・
何でもかんでも「基本的人権」を持ち出せばいいというものではないと思うが・・・
「テロリストにも基本的人権はあるのだから、テロリストの基本的人権を尊重して、テロ事件が起こって、犠牲者が出てからテロリストを逮捕して処罰すべきだ!」と野党は、正しく、かつ分かりやすく言うべきではなかろうか?(大笑)
(そう言ったら国民は誰も賛同しないかもしれないけど・・・)(苦笑)

問題は、捜査機関による法の乱用や悪用である。
これは、人間がやることだから避けるのは難しいと思う。
自分の好みの女性をテロリストの一員ということにして、その女性の情報を集め、処罰するぞと恐喝して男女の関係を要求するという捜査員が出てこないとも限らない。(大笑)
この法の乱用や悪用に対しては、罰則の強化で対処するしかないと思うのだが、日本の処罰というのは甘い気がする。

例えば、一般人が放火事件を起こした場合と、消防士や消防団員が起こした場合では大きく処罰に差を設けるべきではなかろうか?
例えば、一般人が懲役5年なら、職務上(立場上)やってはいけない人がやっちゃった場合は、その10倍の懲役50年にするとか・・・・(笑)
そのくらいの重罪を適用してもいいのではなかろうか?
それじゃ「法の下での平等」に反するか?
私が野党だったら、法を乱用した場合の処罰の厳罰化のほうに力を入れて要求するけどなぁ~
何でもかんでも10倍!
通常なら1年ぐらいの刑でも、自動的に10倍となって、懲役10年!
悪質な乱用の場合は仮釈放なしの終身刑!(一生刑務所から出られないとか・・・)
となれば・・・かなり、法の乱用の抑止力になるんじゃなかろうかという気がするんだけど・・・・

犯罪犠牲者が出てからでは遅いと思うんですけどねぇ~
「この法案に反対するというのは、テロリストを利する行為ではないか?大規模テロが起きた場合、この法律が存在していなかったために阻止できなかったと明らかになった時に、野党は責任を取ってくれますね?」とでも与党は言うべきではなかろうか?(大笑)
リスクの大きさからいうと、やっぱり「準備罪」は無いよりはあった方がいいと思うなぁ~
スポンサーサイト


エッセイ | 17:36:28 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。