■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
映画『瀬戸内少年野球団』モニュメント
DSCN4516_convert_20170726193636.jpg DSCN4525_convert_20170726213548.jpg

映画『瀬戸内少年野球団』モニュメント建立趣旨

五色町出身の作詞家 阿久悠氏の自叙伝的小説『瀬戸内少年野球団』が淡路島を舞台に映画化され、昭和59年夏に公開、大ヒットをとばしました。
この映画は、敗戦直後の混乱期を野球に夢を託しながらたくましく生きようとした先生と子供たちの姿が実にさわやかに映し出され、人々の感動を呼びました。
そしてまた、戦後40年ちかくを経て、ややもすれば忘れかけていた当時の世相や生きざまを強烈に呼びおこし、現代日本の繁栄をもたらしたエネルギーの原泉をつぶさにかいまみる想いを抱かせました。
永かった昭和の時代に別れを告げ、平成の世に移り変わったこの機に、その当時のもようを永く人々に語り続けてもらうとともに過ぎ去りし激動の昭和の時代を記念するモニュメントの建立を発起しました。
平和日本のますますの繁栄と合わせて「夜明けの活力」にあやかり、今後の町おこしにつながっていくことを祈念してやみません。

平成3年5月吉日
五色町長 斎藤 貢

(説明プレートより)


【兵庫県洲本市五色町・高田屋嘉兵衛公園】


 
スポンサーサイト


史跡 | 11:31:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。