■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
永代神楽祭で打ち合わせ
今日は我が戦友会の永代神楽祭の日・・・
いつものように前泊して靖国神社に向かう。

今回集まったのは、拙者を含めて5名・・・・
当初は7名のはずだったが、直前に2名がキャンセル。
そのうちの1名は確か96歳になると思うが、戦友の方で体調不良・・・
無理もないよなぁ~
もう一人は泉家副会長の息子さん・・・
代理出席の予定だったが、泉家さんが急逝したため参列できなくなった。
これはやむを得ない・・・

今回集まったのは、2名が戦没者遺族、2名が物故者遺族、1名が賛助会員・・・
“戦友”の皆さんがまだご存命の時に「俺たちが死んだあとはどうするんだ?あんた一人だけになるんじゃないか?苦労をかけて申し訳ないなぁ~・・・」と何度も言われたことがある。
そのたびに「一人になっても続けますから気にしないでください」と拙者は答えていた。
本気で一人になっても出来る限り続けようという気でいたのである。
で・・・今年は拙者を含めて5名!(喜)
他の人は「たった5名ですか?」と笑うかもしれないが・・・
拙者にとっては、こんな嬉しいことはない!
一人じゃないのである!(大喜)

毎回、拙者がベラベラとくだらないお喋りをするのが常なのだが・・・
今回はそういうわけにはいかぬ・・・
先日、会長から戦友会解散の方針が出され、その直後に、まさかの副会長の急逝である。(涙)
今後のことを皆さんと打ち合わせをしなければ・・・
なんとも気が重い・・・

我が戦車第2師団は、フィリピンで終戦まで山奥に立て籠もって戦い続けた部隊である。
その部隊の戦友会が、そうそう安易に解散などしていいのだろうか?
拙者には、そういう“プライド”がある・・・
トコトン戦った部隊なのである。
我々もトコトン頑張って、彼ら戦車第2師団の将兵と師団の指揮下で戦った配属部隊の将兵の霊を慰めてあげるべきではなかろうか?
戦友会を続けると、経済的な破綻につながるわけではなし、命を奪われるということもない・・・
戦友会を続けると自分の生活が駄目になってしまうというのなら解散もやむを得まいが・・・
年に1回の永代神楽祭に参列するくらいの事は、やってやれないわけではあるまい。
が・・・これは拙者の我がままか?
拙者一人だけが「絶対解散などしない!」と頑張るのは、戦友会を“私物化”することになりはしないか・・・
悩むところである。

本年度スタート時点での会員数は40名・・・
そのうちの10名が“戦友”である。
会員は全国に散らばっているため、なかなか上京してくるというのは難しい。
が・・・それでも皆さん、年会費を納入してくださっている。
これは“託されている”と解釈していいのではないだろうか?
「参列は出来ないが、よろしくおねがいします」ということではなかろうか?
ならば、続けてあげねば・・・と思うのである。
“戦友”はご高齢になり外出すること自体が難しくなっている。
この方々が一人でもご存命の間は、“託されている”と思って慰霊を続けてあげたい。

またまた一方的ではあるが、今回参加された方々に拙者の“思い”を語らせていただいた。
“マエダ”会長の戦友会解散の方針を覆すには、次期会長を選出することである。
“マエダ会長は、もう会長職を引き継いでくれる人はいないだろうと勝手に思い込んで、自分の代で始末をつけるということで解散を言い出しているのだから、会長職を引き継ぐ人がいるなら会は解散しなくてもいいいだろう。
ということで・・・説得工作・・・(苦笑)

実務はすべて拙者がおこなっている。
拙者の代わりをしてくれというのでは負担が大きく二の足を踏まれても仕方がないが・・・(苦笑)
こういっては、失礼になるが、会長と副会長である。
特に何をするというわけでもなく、“名前だけ”なのである。(苦笑)
案内状等を作成して発送し、出欠のとりまとめをするのも拙者・・・・
会費の徴収と会計業務をするのも拙者・・・・
原稿を書いて編集して会報を発行するのも拙者・・・・
対外的な交渉事も拙者・・・である。
会長も副会長も特に何もしなくていいのである。(笑)
が・・・事はそうそう簡単ではないらしい・・・(涙)
どうしても“長”の付く役職には抵抗を感じるのだろうか?
なかなかすんなりとは話は決まらない・・・(汗)

一応、旅団長のお孫さんである“シゲミさん”に会長を・・・
機動歩兵の大隊長の息子さんである“ヤナギモトさん”に副会長を打診する。
“シゲミさん”にはこの間の会計監査の時に打診したが固辞されたので、その気持ちは良く分かっているのだが・・・
状況がさらに切迫しているので、もう一度再考してくれるように頼む・・・
“ヤナギモト”さんは“シゲミさん”が会長職を継いでくれるなら副会長になってもいいと内諾を得た。
“シゲミ”さんには精神的負担を与えてしまうが・・・なんとか再考を願う。

人事の引き継ぎタイミングは拙者の独断で・・・
“マエダ”会長がお亡くなりになるまでは引き継がないとした。(苦笑)
これまた“マエダ”会長にも精神的プレッシャーをかけてしまうことになるので申し訳ないが・・・(大汗)
死ぬまで会長をやっていただく・・・(苦笑)
それまでは副会長職は欠員のままで続ける。
で・・・・“マエダ”さんがお亡くなりになった時点で、新会長と新副会長の就任とする・・・
なんだかんだと、一方的に皆さんにプレッシャーをかけてしまうが、これも英霊の為と思って我慢していただきたい・・・(汗)

「いい答えを待っています」と下駄を預け・・・(苦笑)
無事に永代神楽祭を終えて解散・・・・
いつも以上にクタクタ・・・クラクラ・・・フラフラである・・・(笑)

帰宅後、夜、早速、”シゲミ”さんから「次期会長職を引き継いでもいい」とのお電話を頂いた!(大喜)
大感激である!!
これで“ヤナギモト”さんも副会長を引き継いでくれるから一件落着である。(大喜)
皆さんのご協力、ご厚意に感謝、感謝である。
不祥事や悪評などで皆さんにご迷惑をおかけしないように拙者自身が気を引き締めねば・・・・
“マエダ”会長に早速連絡して、次期役員人事を伝え、戦友会解散のお考えを撤回してくれるようお願いする。
あ~よかったぁ~
気分が晴れた!
感謝、感謝!
スポンサーサイト


日記 | 15:08:53 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。