■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
西川鯉三郎免許の跡
DSCN4466_convert_20170704170757.jpg

西川鯉三郎免許の跡

初代西川鯉三郎は文政7年(1824)江戸に生まれた。
天保12年(1841)18歳のとき、父と共に名古屋に移り、舞踏一筋に打ち込み、31歳の頃から名古屋の芝居小屋の振付師として活躍した。
この間、篠塚流・坂東流などを学び、また能などの長所をとり入れて、名古屋西川流を確立した。
安政7年(1860)正月19日、「御免踊指南(ごめんおどりしなん)」の公許を得た。

名古屋市教育委員会

(説明板より)


【愛知県名古屋市中区丸の内3丁目16-3】



スポンサーサイト


史跡 | 11:04:07 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。