■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
加藤清正誕生地
DSCN4433_convert_20170624000324.jpg DSCN4429_convert_20170624000256.jpg

加藤清正誕生地

清正は幼名を虎之助といい、永禄5年(1562)この地に生まれたといわれる。
天正(1573~)のはじめ秀吉に仕え、数々の武功をたてた。
とくに賤ヶ岳の七本槍は有名である。
のちに肥後国(熊本県)54万石の領主となった。
慶長15年(1610)名古屋城築城の時、自分の誕生地に城の余材をもって妙行寺を再建したと伝えられる。
寺内には、秦鼎の撰文「清正旧里之碑」がある。

名古屋市教育委員会

(説明板より)


【愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷22・妙行寺】
スポンサーサイト


史跡 | 18:05:36 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。