■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
格安旅行社の破綻
「てるみくらぶ」という格安旅行社が破産した。
報道によれば、このため、約3万6千人の旅行契約者が影響を受けるというが、実際に影響を受ける利用者数は約9万人になるという。
なんだか、よくわからない話だが・・・(苦笑)
これだけの“お客さん”がいて破産するというのだから、かなりいい加減な経営をしていたのではなかろうか?
すでに旅行代金を支払った人は、破産のおかげで旅行には行けないわ、カネは戻ってこないわ・・・だろうし・・・
すでに旅行している人は、現地で路頭に迷うこととなるだろう。
これは「ひどい話だ」ということになるのだろうが・・・
もしかしたら、会社だけを一方的には責められないかも・・・
「お客さん」の方にも問題があったのではなかろうか?

何にでも「適正価格」というものがあるはずである。
「安ければいい」というものではあるまい?
少しでも安い方がいいというのは“人情”だが・・・
いくらなんでも、これはおかしい・・・とは思わないのだろうか?
そういう“常識”を最近の人は持ち合わせていないのだろうか?
「ババ抜き」の“ババ”を誰が引くのか・・・(笑)
自分が利用するときは、まだ大丈夫・・・と思っているのだろうか?
あまりにも価格の安すぎるパックツアーなんて、絶対危ないと思うんですけど・・・(笑)

というわけで・・・私はこの旅行社を利用したことがない。
最初から候補から除外している。(苦笑)
まぁ、私の旅行の目的や内容が、ある意味、特殊だから、こういう旅行社では対応できないだろうと思っているからだが・・・(大笑)

「お客様は神様です」という言葉があるが、本気で信じている人がいたら、ちょっと危ない・・・(大笑)
“客”の中には、我がまま、非常識な連中も多い。
そういう“客”のニーズに応えていたら資金繰りにも苦労することになるだろう。
1泊5千円程度のビジネスホテルに高級ホテル並みのことを要求し、ホテルのサイトに文句のコメントを書き込むバカも多い。(汗)
こういう「文句を書き込む」奴にまともな奴はいない。
この旅行社が、こういう連中の顔色を窺って価格を決めていたとしたら、そりゃ、破産もするだろう。

その昔・・・
我が社が製造していた部品の単価値下げの要求が取引先からあった。
常識外れの値下げ額である。
どう逆立ちしたって無理・・・「適正価格」を下回っている。
唯一の方法は、材料の質を落とすこと・・・(大汗)
安い材料は、当然、品質も不安定である。
だから安いわけなのだが・・・(苦笑)
問題は、拙者が作っている部品は車のエンジンに使用される部品なのである。
絶対品質を落とすわけにはいかない。
お客さんはローンを組んで何百万円もする車を買うのである。
そのエンジンの品質を落とすわけには行かない。
エンジンの耐久性に問題が生じるのである。
担当者は「納車するときに問題がなければそれでいい」と暗に低品質の材料を使用することを要求してきた。
この要求に逆らえば、今後、仕事が回ってこなくなることは明らかである。
いわゆる・・・・“干される”ということになる。
が・・・ローンを払い終わっていないのに車のエンジンがおかしくなってもいいのだろうか?
納車する時さえ良ければ、1年後、2年後はどうなってもいいのだろうか?
大企業さんは“政治力”でなんとでも誤魔化せると思っていたようだが・・・
“製造業”のプライドが許さない。
というわけで・・・要求を断り・・・干され・・・・廃業することにした。
いいかげんな物を作るくらいなら、商売をやめた方がいい・・・

どうして、この旅行社の社長は、そういう判断が出来なかったのだろう?
無理をした結果、多くの人に迷惑をかけることになったのである。
もっと早い段階で手が打てたはずである。
大企業から「安売り」を強要されたわけではあるまい?
価格でしか判断しない馬鹿な客の顔色を窺い過ぎた結果ではなかろうか?
価格は自分たちで決められたはずである。
放漫経営でもしないかぎり、破産せずに十分やって行けたはずだと思うのだが・・・

経営者も悪いが、客にも問題があるのではあるまいか?
私は、どちらにも同情する気は起らない・・・
スポンサーサイト


エッセイ | 21:03:22 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。