■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『嘘だらけの日米近現代史』


はじめに―番犬様との付き合い方を考えよう!

第1章 捏造だらけのアメリカ建国神話
        第1節 ワシントンは架空の人物?
        第2節 かたちばかりのモンロー主義
        第3節 ただの極悪人だったリンカーン

第2章 知られざる日米の蜜月 1839~1908
        第1節 小国アメリカからの使者ペリー
        第2節 ハワイをめぐる攻防戦
        第3節 アメリカと見た「坂の上の雲」

第3章 世界大戦の勝者はソ連だった 1908~1945
        第1節 世界史的災厄をもたらしたウィルソン
        第2節 日英米の「恨み」の三角関係
        第3節 笑いが止まらないスターリン

第4章 敗者としてのアメリカ 1945~1960
        第1節 GHQは“落ちこぼれ”の吹き溜まりだった
        第2節 朝鮮戦争で翻弄されるアメリカ
        第3節 民主主義は二の次だったアメリカ

第5章 冷戦期の“お利口さん” 1960~1990
        第1節 ケネディが火をつけたキューバ危機とベトナム戦争
        第2節 「負け犬」カーターと「闇将軍」角栄
        第3節 冷戦に勝利したレーガンとブッシュ

第6章 アメリカよ、世界を返せ! 1991~2011
        第1節 アメリカ・コンプレックスの正体
        第2節 おい、クリントン、世界を返せ!
        第3節 実は何もできなかったブッシュJr.
        第4節 「テキトー」なオバマ

おわりに―神田うのは日本一の右翼か?

付録 アメリカ盛衰史


今年の読書:33冊目

スポンサーサイト


読書 | 21:57:43 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。