■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『昭和反乱史』


序にかえて

第1章 国家革新運動の思想的源流

1 大正デモクラシーの挫折
     吉野博士の挑戦と民本主義の旋風
     一世を震撼させた米騒動
     民本主義の高揚とその挫折
     論破された浪人会
2 国家革新論の聖典(「日本改造法案」の主張)とその実践
     北一輝の国体論と国家社会主義
     北一輝の卓絶した思想
     『老壮会』の誕生と国家主義
     国家改造をめざす猶存社
     国家革新運動の源流となった人びと
     国家改造の聖典『日本改造法案大綱』
     青年将校に大きな影響
3 二つの精神主義的改造論
     大川周明とその日本主義
     彷徨する思想遍歴
     昭和軍閥の貯水池『大学寮』
     安岡正篤と『金鶏学園』
     国体と王道革命
4 農本自治主義とその創始者
     権藤成卿と自治民範
     農本自治主義の革新性
     橘孝三郎の愛国革新論

第2章 昭和軍閥の陰謀と叛乱の誘発

1 昭和軍閥の台頭
     東方会議と満州占領計画
     国民が知らなかった満州某重大事件
     明治軍閥の崩壊
     昭和軍閥の登場
     少壮将校に革新のめばえ
2 統帥権干犯問題
     昭和初期の危機と政党の腐敗
     襲う恐慌と失業者の群
     ロンドン会議と軍縮条約
     統帥権干犯問題とその背景
     国家主義政党の反撃
     浜口首相の遭難
     直接行動の口火となる
3 陸軍中央部の秘密結社
     『王師会』と『天剣党』
     橋本大佐と『桜会』の結成
     一片皎々たる奉公の至誠
     『桜会』内部の分派と対立
     軍部政権をめざす
4 “三月事件”クーデターの計画
     宇垣陸相を中心とする行動計画
     宇垣を利用した二宮次長の陰謀
     宇垣陸相の政権欲と大川の期待
     クーデター計画の挫折と真崎の陰謀
     宇垣変心の真相と事件の結末
5 関東軍の大陰謀
     南陸相の登場と政党政治排撃論
     政党内閣への公然の挑戦
     関東軍の陰謀者たち
     『桜会』の拡大と関東軍の実力
     関東軍の暴発と謀略
     国民をあざむいた満州事変の謎
     『桜会』の変質とその背景
6 陰謀的謀略と“十月事件”
     立ち遅れた『国内改造』
     徹底した破壊計画
     青年将校の脱落と計画失敗
     暴発寸前に憲兵隊出動
     禍根を残した陸相の処断

第3章 財閥膺懲の烽火と軍隊の蜂起

1 青年将校と昭和維新論
     十月事件の残したもの
     青年将校と民間右翼の結盟
     農村の窮乏と政党の腐敗
     荒木陸相と皇道派の台頭
2 革新の烽火・一人一殺
     海軍士官と陸軍将校の対立
     即時決行をめざす海軍側
     革新の烽火と井上日召
     一人一殺の暴発
     血盟14人のテロリスト
3 兵農一致の叛乱計画
     橘孝三郎と農民決死隊
     陸軍士官候補生の参加
     軍民連携の行動案と西田税の裏切り
     三転した行動計画案
     綿密だったが大勢便乗の計画
4 五・一五叛乱
     犬養首相の暗殺
     ひん死の重傷負った西田税
     警視庁を牽制した軍部
     児戯に等しい計画に国民の共感
     テロリズムの余燼

第4章 政党政治の終焉とテロリズムの嵐

1 去勢された政党政治
     軍国主義と宥和政策
     軍部の革新的政策
2 公判にあらわれたファシズム
     議会政治の否認を強調
     きびしい海軍側の論告
3 神兵隊の叛乱計画
     天野辰夫の皇道維新論
     昭和行動維新のスローガン
     武力叛乱の行動計画
     同志ぞくぞくと集まる
4 失敗した皇道維新
     暴動計画の致命的欠陥
     脱落した3名の幹部
     ついに決行にふみきる
     相次ぐ脱落者
     警視庁特高課の内偵で一網打尽
     陰謀計画の背後に軍部の影
5 軍民連携の叛乱陰謀
     二・二六の栗原中尉も参画
     川越の暴発も女給スパイで検挙

第5章 国体明徴運動と軍閥争剋の破綻

1 昭和軍閥の二大潮流
     豆殻で豆を煮る『皇道派』と『清軍派』の抗争
     統制派、皇道派の排撃に乗出す
     俊才・永田鉄山の思想とその功罪
2 陸軍の国家改造計画
     “国防国家”めざす陸軍パンフレット
     『統制派』理論への美濃部博士の批判
     辻政信の情報で糸口つかんだ士官学校事件の謎
3 陰謀的策動する『統制派』
     不可解な辻政信らの行動
     無視された東京憲兵隊
     塚本大尉らの誣告か
     士官学校事件の全貌
     怪文書『粛軍ニ関スル意見書』で暴露
4 罷免された真崎教育総監
     軍部権力拡大の陰謀
     つめ腹切らされた真崎教育総監
5 相沢中佐の永田“天誅”事件
     永田軍務局長凶刃にたおれる
     永田軍務局長はなぜ殺されたか
     相沢中佐の巷説盲信か
     怪文書横行時代来る
6 刃傷の天皇機関説
     悪化する国体明徴運動
     生命を狙われた美濃部博士
7 『皇道派』の反撃体制
     波乱をよぶ相沢公判
     不気味にただよう恐怖の底流

第6章 帝都叛乱(二・二六)事件とその結末

1 尊皇討奸の叛乱計画
     竜土軒の共同謀議
     ちゃくちゃくクーデターの計画進む
2 大流血と重臣の最期
     疾風迅雷重臣を襲撃
     首相官邸襲撃、警視庁を占拠す
     クーデターは成功したか?
3 陸軍大臣告示の矛盾
     蹶起の趣旨は“皇権の回復”
     腰をぬかした川島陸相と奇怪な真崎らの行動
     蹶起趣旨を認めた陸相告示
     欣喜雀躍、万歳となえた叛乱軍
     昭和維新の大詔渙発を準備
     軍の要求で戒厳令公布
4 上部工作の瓦解
     上部工作に暗躍した人びと
     怒る天皇、討伐の奉勅命令を裁下
     かつがれた真崎大将
5 奉勅命令と武力鎮圧
     香椎戒厳司令官、討伐を決意
     虚妄の“奉勅命令”と煽動
     武力鎮圧とはかない抵抗
     地方部隊の同調者たち
     黒幕・北一輝の検挙
6 粛軍と『皇道派』の潰滅
     軍部の要求する軍政確立の陰謀
     庶政一新の大義名分ふりかざす
     ふきすさぶ粛軍の嵐
7 裏切られた“維新革命”
     日本の秘密、暗黒の裁判
     軍部の“既定方針”
     北の“国体論”に心酔した青年将校

第7章 軍閥専制と弾圧への抵抗

1 神兵隊事件公判の勝利
     神兵隊内部の対立
     『維新寮』の誕生
     神兵隊の分裂
     神兵隊公判と国体明徴
2 直接行動をめざす前田派
     神兵隊『非告り直し組』
     維新翼賛めざす『大東塾』
3 狙われた重臣・湯浅内府
     密告された暗殺計画
     執拗なテロリスト
4 皇民有志決起事件
     君側の粛清をねらう
     決行直前の検挙
     流血斬奸の一途に走る
     新体制の矛盾
5 神誅奉公の凶刃
     狙われた平沼国務相
     維新公論社の暗闘
     平沼暗殺の謀議
     『皇道維新論』と軌を一にする『神誅奉公論』
6 専制と弾圧と抵抗
     統制派の陰謀成功、太平洋戦争に突入
     吹きすさぶ弾圧の嵐と中野正剛の死
     敗戦への傾斜

第8章 国体護持の陰謀と叛乱の終末

1 聖断の無条件降伏
     ポツダム宣言受諾と国体の危機
     平泉澄博士の神州護持論
2 本土決戦派の陰謀
     阿南陸相を擁するクーデター計画
     近衛師団を陸相の権限で動かす
     阿南陸相の自決
3 終戦と八・一五叛乱
     森師団長の暗殺
     東部軍ついに動かず
     最後のあがき偽師団命令
     中野学校と地方部隊の叛乱
     上野の彰義隊の墓前に集った決死隊
4 尊攘義軍の叛乱と玉砕
     尊攘義軍を名乗り愛宕山にこもる
     愛宕山上に玉砕す
5 叛乱の終末を彩る島根県庁焼き打ち
     軍隊の蜂起に期待
     深夜の県庁焼き打ち
     昭和叛乱史の終焉

昭和叛乱史 年譜


今年の読書:8冊目

スポンサーサイト


読書 | 01:02:37 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。