■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『巡洋艦「大淀」16歳の海戦』


はじめに

第1章 山河変わらざれど

 懐旧の油壺から諸磯砲台へ
 敵潜水艦を砲撃せず
 敗戦の混乱と人心の動揺
 解散!浜諸磯警備隊へ
 傷心をいだいてふる里へ
 ああ、14歳5ヵ月の決心

第2章 海が呼んでいる

 大戦突入、その朝の感激
 海軍志願兵合格通知と母の発病
 母の死
 報われること薄く死んだ母
 待望の入団通知はきたが
 東条首相の沢田村視察
 横須賀で海の香をかいだ
 海軍第1期練習兵事始め

第3章 海兵団

 第11分隊4教班
 これが練習兵教育だ(その1)
 これが練習兵教育だ(その2)
 初めての外出
 精神棒と鉄拳できたえられ
 体力気力の限界に挑む野外演習
 羽ばたく第1期特年兵

第4章 横須賀海軍砲術学校

 側的術幹部班練習生
 近代艦砲射撃のメカニズム
 私は巡洋艦を選んだ
 「筥崎丸」でトラック島へ
 青白く光る不気味な雷跡
 いま目のあたりに連合艦隊の威容

第5章 初陣

 最新鋭巡洋艦「大淀」の全貌
 「大淀」が誇る攻撃用兵器
 百戦錬磨の乗組員八百
 「大淀」大任おびて出撃
 敵戦爆百六機「砲撃始め!」
 これぞ「大淀」の対空戦闘だ

第6章 トラック泊地の艦隊勤務

 戦友を葬る水葬ラッパ
 戦闘よりきつい艦隊勤務
 ああ、海軍伝統の精神棒
 泊地トラック島と原住民点描
 出航、目的地は横須賀

第7章 「大淀」連合艦隊旗艦となる

 反転、サイパン救援に出撃
 サイパン特急往復1週間
 初めての休暇、ふる里へかえる
 次兄を砲兵連隊に訪う
 「大淀」連合艦隊旗艦となる日
 牟田口艦長“決戦出撃”を訓示

第8章 比島沖海戦

 瀬戸内海で爆雷試射
 小沢艦隊17隻粛々と出撃
 比島沖決戦、彼我海軍戦力比
 囮艦隊、小沢機動部隊の南下
 艦上発進に失敗する飛行士たち
 晦渋を極めた高等作戦の舞台裏
 小沢艦隊に襲いかかる敵延五百機
 「大淀」水際立った対空戦闘
 空母なき直衛機の末路
 燃える「瑞鶴」より小沢長官救出
 阿久津上曹仁王立ちの最後
 七波の襲撃に完勝した「大淀」
 無傷の「大淀」Uターン再出撃

第9章 落陽の艦隊泊地・断腸のレイテ

 強運「大淀」間一髪危地を脱す
 痛恨の〈捷一号作戦〉
 ああ、不沈戦艦「武蔵」の最後
 巧緻にすぎた作戦のつけ
 鬼神も哭く「山城」「最上」らの死闘
 悪戦苦闘する栗田・志摩艦隊
 ニセ情報で反転した栗田艦隊
 敵大型機六十大挙殺到
 神算鬼謀の対大型機迎撃戦法
 しずかにジョホール水道を進む

第10章 礼号突入作戦

 さらばカムラン湾よ
 敵機の猛襲を排除、サンホセ突入
 猛攻2時間、サンホセ炎上
 シンガポールの休日

第11章 北号輸送作戦

 女は乗せない巡洋艦
 荒海で強運の「筥崎丸」にあう
 全艦無事帰投、作戦成功す
 「回天」の出撃を祈る心で見送る
 戦艦「大和」と原爆をめぐる流言

第12章 春おそき故郷・上州

 家なき子らのうつろな目
 夜道で母の声をきく
 雪害延着10時間
 空襲下で見たこの恥知らず
 「大淀」水上特攻に参加せず
 不意打ちをくらった呉軍港
 被弾炎上、戦死52名
 直接の原因は無謀な出港だ

第13章 航跡果てしとき

 「大淀」との別離、諸磯砲台へ
 阿修羅の死闘「大淀」の最後
 飛渡瀬に生きる「大淀」の心

あとがき

資料 軽巡「大淀」人員配置表
    10月25日 戦死者
    10月24日~25日 対空戦消耗兵器表


今年の読書:4冊目

スポンサーサイト


読書 | 01:19:57 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。