■プロフィール

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

「それでも日本人か?」と言われてもねぇ~(汗)
発電所から約20分程度で「日月潭」に到着した。

DSCN3487_convert_20170105154338.jpg

ここは「朝霧埠頭」もしくは「朝霧波止場」と呼ばれる場所らしい。
日月潭には、過去に2度ほど訪れているが、ここには来たことはない。
ここのボート乗り場(?)から、日月潭周遊の遊覧船が出ているとのこと。
ガイドの“キョさん”の話では、こういう遊覧船に乗るのは中国人や韓国人のツアー客ばかりで、日本人のツアー客は乗らないのだそうだ。
まぁ、遊覧船で湖をグルグル巡るのは時間の無駄とばかりに、次の観光地に行きたがるせいなのかもしれない。(大笑)

DSCN3491_convert_20170105154447.jpg

ここの駐車場に続々と観光バスが入ってきたが、全員、大陸から来た中国人観光客だった。
彼らの会話をちょっと聞いただけで、大陸からの来た中国人の中国語か、台湾人の中国語か、すぐにわかると“キョさん”・・・・
拙者には全く区別がつきませんが・・・(苦笑)

DSCN3488_convert_20170105154412.jpg

現地の案内板は中国語、日本語、英語、韓国語の4か国語で表記されていた。(驚)


水社朝霧―朝霧碼頭

水社朝霧は台21省道上の朝霧埠頭に位置し、日月潭4大埠頭の一つです。
東に面しているので日の出鑑賞には絶好の場所となっています。
気候や地形、湖水などの影響により、明け方になると湖面に霧が立ち上り、そこに朝日が差し込んで大変魅力的な光景が満喫できます。
「水社朝霧」という美しい名前で呼ばれる通り、日月潭八景にも選ばれています。
この埠頭は、日月潭周遊の観光船乗り場であるほか、毎年万人が参加する日月潭横断遠泳大会のスタート地点でもあり、選手たちはここから対岸の伊達邵埠頭を目指して全長約3.3kmを泳ぎ切ります。

(説明板より)


今日は朝食時にコーヒーを飲んだだけで、その後は飲んでいない。
拙者は普段、1日に3回はコーヒーを飲む。
どうもコーヒーを飲まないと調子が出ない・・・(苦笑)
というわけで、近くのレストランでコーヒーを飲んで休憩をとることにした。

DSCN3492_convert_20170105154525.jpg (朝霧埠頭のレストラン)

時刻は午後3時・・・・
一か所行ってみたい場所を思い出した!(笑)
「水社」という町にある「教師会館」・・・・
1983年の2月に、大学の海外研修団の一員として2週間ほどかけて台湾を縦断した。
生まれて初めての台湾訪問だった。
この時に、ここの「教師会館」に宿泊したことがあるのである。
今から33年も前のことである。(唖然)
ふと、思い出したので・・・
今は、どうなっているのだろう・・・ということで連れて行ってもらった。

DSCN3493_convert_20170106113737.jpg DSCN3494_convert_20170106113812.jpg

行ってみて驚いた!(唖然)
綺麗になってる!!
それもそうか・・・33年も経っているんだから・・・(大笑)
「教師会館」は、たぶん教職員のための宿泊研修施設だと思うが・・・・
あの時は、日が暮れるころに到着して建物の様子はよくわからなかった。
とにかくボロい建物で、「こんなところに泊まるのかよ!」(怒)と文句を言ったことを覚えている。(苦笑)
なにせ、うちの大学の合宿所(研修所)より古臭くてボロかったのである!(大笑)
廊下が薄暗くて気味の悪い建物だったことだけはよく覚えている。(苦笑)
それがねぇ~・・・・いやぁ~綺麗になっちゃって・・・・唖然である。

ここで愛想のない不親切なガードマンに断わって記念写真を撮る。(大笑)
「教職員以外は立ち入り禁止!」と言わんばかりの態度だが・・・それはわかるが、33年ぶりに来たんだぞ!記念写真くらいいいじゃないか!・・・と写真を撮る。(大笑)
あの時の研修団の仲間たちに、この写真を見せたいなぁ~(笑)
みんなは、今、どこでどうしているんだろう?

もう一つ、思い出の場所がある。
たしか、1991年か1992年の5月だったと思う・・・
25年ほど前のことである・・・(唖然)
一人で祖父の足跡を訪ねるため台湾に行くとき、一緒に連れて行ってくれと後輩の“サイトウくん”が言うので、急遽二人旅となった。
この時に、日月潭にも来たのだが・・・・
その時に泊まったホテルがどうなっているのか・・・(笑)
ホテル名も場所も覚えていない・・・
ただ、蒋介石の奥さんの宋美齢の別荘だったとかという話を聞いたような記憶がある。
で・・・食堂(レストランなんていう高級なものではない)の壁に、当時、ここに宿泊した時の蒋介石や宋美齢の写真が何枚も飾られていたことだけは覚えている・・・
で・・・そこって・・・どこだろう?(笑)
ガイドの“キョさん”に尋ねたら、すぐ近くのホテルがそうだと言う。
なんと「教師会館」の目と鼻の先にある!(唖然)

DSCN3504_convert_20170106135526.jpg

あれ?・・・・ここがそう?(大汗)
当時は、イマイチ、パッとしないホテルだったが・・・・
超高級ホテルになっていた!(唖然)
まぁ、25年も経てば変わるか・・・・
もう、拙者は“浦島太郎”状態である・・・・(大笑)
で・・・ちょっとロビーに入り込み・・・(笑)
内部を勝手に見学する。

DSCN3498_convert_20170106135440.jpg (ロビーから見た景色)

当時も、拙者の部屋から日月潭がよく見えた・・・・
う~ん・・・こんな景色だったかなぁ~
景色までは覚えていない・・・(苦笑)
ここに宿泊した当時、日月潭に面した部屋の目の前のところが工事中・・・・
かなり大掛かりなコンクリートでの基礎工事だった。
ホテルに尋ねたら、改装工事をするとかって言っていたのを覚えている。
で・・・・こうなったのかな?(汗)
かなりの高級ホテルだそうで・・・・もう、ここに泊まるのは無理だろうなぁ~・・・カネがない・・・(大笑)

昔の思い出を辿りながら大いに楽しむ。
で・・・・この後は、平地にある「埔里(プーリー)」という町に向かう。
今晩から2泊、この町のホテルに宿泊するのである。
この町を拠点に「霧社(むしゃ)」方面の観光をするのである。

途中で、気が付いた・・・・
そういえば、「埔里」の町の近くに「台湾中心の地」っていうのがあったはず・・・
急遽、予定外の行動で・・・この「台湾中心の地」に立ち寄ることにした。

「台湾中心の地」を初めて訪れたのは1983年の研修団で来た時・・・・
その次に“サイトウくん”と一緒に来た時が2回目の訪問・・・・
当時、台北から運転手付きの乗用車で、この地までやって来た。
ガイドは26歳の女の子。
「台北に到着して、そのまま日月潭へ行くというお客さんってどんな人なのかと思っていました」と開口一番、空港で言われた。(笑)
日本人は台北を観光するのが普通なのに…・と言うのである。
で・・・・この地に来た時、彼女に「台湾中心の地」の碑が建っている場所を知っているかと尋ねたら、初耳だと言われた。(大笑)
ならば、拙者がご案内しましょう!・・・・と言って案内した。
方向音痴なのにねぇ~(大笑)
不思議なことに、8年ぐらい前にツアーバスで来た時の記憶が鮮明に残っていた。
で・・・「そこを右に曲がって!そこを左に曲がって!」とドライバーに指示して、驚くべきことに無事に迷わず到着したのである!(大笑)
当時の記憶では、何もない“広場”・・・・
道路がいくつか交差していたが、周囲には何もない・・・
“広場”の中に石碑がいくつか建っていた。
その碑文を読んだが、「民国〇〇年」が西暦何年なのかがわからず、ガイドに尋ねたことを覚えている。
彼女からは「あなたは歴史が好きなんですねぇ~“サイトウさん”は目的が違うみたいだけど・・・」と言われ大笑いした。
さぁ~その思い出の「台湾中心の地」に25年ぶりに訪問!

DSCN3522_convert_20170106151516.jpg DSCN3519_convert_20170106151549.jpg

あれれ!・・・・またもや“浦島太郎”状態である・・・(愕然)
森?・・・森になってる!・・・・あの何もなかった広場が????
もしかして・・・ここじゃないんじゃないの?(苦笑)
他にも「台湾中心の地」っていうのがあるんじゃないの?
いくらなんでも25年ぐらいで、こんなに変わるか?(唖然)
拙者の記憶にある景色と全く違うのである!

DSCN3517_convert_20170106151643.jpg (中心の地の前の道路)

こんなところに建物なんかなかったんですけど・・・・(汗)
道路が2本、接するところに「公園(広場)」があったのは覚えている・・・
道路から判断すると、この“地形”なのだが・・・
う~ん・・・・納得できないなぁ~
本当に、ここが拙者の記憶にある、あの「台湾中心の地」なのか?

DSCN3516_convert_20170106151804.jpg DSCN3515_convert_20170106151731.jpg
(「台灣地理中心」の碑)

2つの「台灣地理中心」の碑が建っていたが、25年前に拙者が読んだ碑文が刻まれていた碑が見当たらない・・・
白い碑だったような記憶があるのだが・・・・
おかしいなぁ~(大汗)

DSCN3508_convert_20170108164730.jpg DSCN3510_convert_20170108164611.jpg

記念のモニュメントだと思うのだが・・・・
全く記憶にない!(唖然)
参ったなぁ~・・・この記憶力の悪さ・・・(涙)

音楽を鳴らしながらゴミ収集車がやって来た。

DSCN3520_convert_20170108164803.jpg

音楽を聴いていると、一瞬、アイスクリームの販売車でもやって来たのかと勘違いを起こしそうになるが・・・(笑)
この音楽を聴いて市民たちがゴミ袋を手に外に出てきて、自分で収集車に投げ入れるのである。
以前、澎湖島に行った時に見た光景と同じである。
日本では「集積所」に置きっぱなしだが、台湾では、このやり方なのだそうだ。
これなら収集日以外の日にゴミを出す不届き者がいるとか、カラスに荒らされるとか、そういうことはないから良さそうに思うが・・・
日本もゴミ収集のやり方を見直してみるのもいいのではなかろうか?
議員さんや役人さんには、こういうところを視察していただきたいものだ。

午後5時・・・市内のホテルにチェックイン

DSCN3523_convert_20170108170843.jpg DSCN3524_convert_20170108171313.jpg

DSCN3525_convert_20170108171406.jpg

思っていたよりシンプルな部屋である・・・(笑)
部屋でちょっと一休みし・・・午後5時半に夕食に出かける。
今晩は先住民族料理のお店!
これは最初からお願いしておいた。
折角だからねぇ~中国料理じゃなくて、先住民族・・・つまりは高砂族の料理を食べたい!(笑)

DSCN3530_convert_20170108173435.jpg

開店早々のお店には、お客さんは誰もいなかった・・・
店内には原住民の方々が作った民芸品などが置かれていた。
で・・・店主の“コウさん”に「これ、タイヤル族が織った布でしょ?」と言ったら・・・(当然、ガイドに通訳してもらいましたが・・・)
「よくわかりましたねぇ~」と店主が驚く。
「この赤色と、この模様で、タイヤル族だとわかります」と言ったら“キョさん”が「へぇ~そうなんですか?」とキョトンとして言う。
いや、いや、あんたに話したんじゃない・・・・通訳して!通訳!
「これは・・・パイワン族が使う酒器でしょ?」
「おお!わかりますか!」(喜)と店主
で・・・奥から先住民族に関して書かれた本やら資料を持ち出して来て、あれやこれやと丁寧に説明してくれた。
今年の春に台北で先住民族の博物館に行ったりして、いろいろ見た記憶はまだ残っていたから助かった。(笑)
予備知識が無かったらチンプンカンプンだし、会話が成り立たなかっただろう。
店主の“コウさん”は中国系の方だが、先住民族の研究者でもあるという。
ついに、話が盛り上がり、興奮して話す店主の言葉を“キョさん”が通訳しなくなってしまった。(唖然)
話が難しくて日本語に訳せないのか、店主の興奮ぶりに驚いたのか・・・・(苦笑)
それとも、通訳するのに飽きたのか?・・・(大笑)
拙者は中国語が全く分からないのだが、不思議なことに店主が言っていることがなんとなくわかるのである。(大笑)
こちらの話は“キョさん”に中国語に訳して伝えてもらう。
と・・・「そのとおり!あなたの言う通りです!」とばかり身振り手振りで店主が応えてくれる。
いやぁ~楽しい夕食だった。

DSCN3526_convert_20170108173151.jpg DSCN3527_convert_20170108173244.jpg

DSCN3528_convert_20170108173324.jpg DSCN3529_convert_20170108173401.jpg

食事は、ごくごく素朴なもので、味は薄目、癖のない味・・・・
量的には女性向きかもしれない。
こりゃ、日本人の女性観光客なんかにはお薦めだなぁ~と思った。

結局、我々が店を出るまで、他にお客さんは来ず、貸し切り状態で店主とおしゃべりできたのは本当に良かった。(大喜)

ホテルに戻る・・・
明日は別のドライバーに変わるという。
彼は、昼食や夕食、コーヒーも遠慮していたので、ならばチップを渡そうとしたが断られた。
彼が言うには「自分は会社から、それ相応の給料をもらっているので、それ以上いただく理由はない」と言うのである。
これには驚いた・・・・なんと真面目な人だろう。
他の国では、隙あらばガイドの目を盗んで個人的にチップを要求してくるドライバーが多いのに・・・
いやぁ~感心した!

これから霧社の役所の“タク課長”がホテルに会いに来てくれるというのでロビーで待つ。

DSCN3531_convert_20170108203524.jpg (ホテルのロビー)

“タク課長”は102歳の“戦友”が紹介してくれた方。
この方が、台中の“キヨコさん”の転居場所を調べてくれたので、昨晩、会えたわけである。
で・・・課長とのアポは現地旅行社がやっておいてくれた。
いやぁ~大助かりである。(喜)

課長は「霧社事件」の時、日本人を殺害した原住民の子孫である。
事件について、いろいろとお話を伺おうと、ホテルのコーヒーラウンジに席を設けて待ち受けていたら・・・
やって来るなり・・・「おい!酒を呑みに行こう!行くぞ!」と日本語で言う。(唖然)
あのぉ~初対面なんですけど・・・・(大汗)
挨拶もそこそこ・・・である。

課長は息子さんの運転する車で来たので、息子さんも一緒に4人でホテルのすぐ近くの大衆食堂に入る。
102歳からの紹介状を渡して改めてご挨拶・・・
で・・・・肝心の“事件”の話だが・・・・
酒が入ったせいか、話は断片的、それより世間話のほうが長い・・・・(苦笑)
ついには、「乾杯!乾杯!」の連発である。
拙者が、これ以上は無理だと断ったら、「あんたは日本人ですか?」と言う。
「もちろん日本人です」と答えたら・・・・
「日本人とロシア人は酒が強いんだ!日本人なら酒が飲めるはずだ!さぁ、飲め!」と言う・・・・(唖然)

こうなると、もう滅茶苦茶である。(涙)
ただの“飲み会”である。
いやぁ~・・・・初対面の人に酒を強要するかねぇ~(唖然)
ふと、この「霧社事件」に関する本を読んだ中で、思い当たる節を思い出した。
とにかく原住民は酒が好きだということである。
で・・・この事件を起こす計画も、酒の席で盛り上がった末、「日本人たちをやっちまおうぜ!」となったという。
課長の強引さや、酔って話しているうちに激昂するところなどは、先住民族のDNAのなせる業なのだろうか?(大汗)

酒を無理強いされて付き合うのにも限度というものがある。
「明日がありますから、この辺でお開きにしましょう」と、持参して来た土産を渡して強引に解散することにした。(大笑)
「明日、役所に顔を出せ!案内してやるから」と言う。
良い人なのか悪い人なのか、さっぱりわからん・・・(大笑)
いずれにせよ、こう酔われてしまっては真面目な話は出来ない・・・(苦笑)
同行していた息子さんは、大人しい・・・・
「おい、親父をよろしく頼むぞ」と身振り手振りで話したら、理解したようでニコニコしながら頷いた。(笑)

二人をホテルの前で見送り、部屋に戻る。
いやぁ~疲れた!!(苦笑)
スポンサーサイト


旅行 | 22:38:10 | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-01-17 火 21:25:26 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する