■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カジノ法案・・・
この間、通称“カジノ法案”というのが、衆議院の内閣委員会で可決されたそうだ。
正式名称は「特定複合観光区域の整備の推進に関する法律案」というそうだ。
略して「IR推進法案」というらしい。

ホテルやショッピングモール、会議場や展示場、そしてカジノ・・・
これらの“観光区域”の整備を推進しようということだそうだが、いかがなものかという気がしないでもない。(苦笑)
あの「スカイツリー」・・・
ドーンと建てたのはいいが、その周辺の整備はどうなっているのか?
観光バスでやって来て、観光バスでそのまま立ち去られたのでは、周辺地域にカネは落ちない。
地域の活性化になっていないような気がするんですけど・・・
“今あるもの”を有効活用することのほうがカジノより先のような気がする。

伊勢神宮にお参りする人は多い・・・“観光名所”であるが・・・
観光バスで乗り付けて、参拝を終えたらサッサと立ち去られているから、周囲の商店街には閑古鳥が鳴いている。
“区域”を活性化させるというのは、そんなに簡単ではない証拠ではあるまいか?

海外から来た観光客がカジノで儲けても、お買い物は免税店だったりしたら・・・
それって日本の国としては“税収増”につながるのだろうか?(苦笑)

「複合観光区域」を整備しても、その整備費用に見合うだけのメリットが出るかどうか・・・
ついつい首をかしげちゃうんですけど・・・(苦笑)

カジノに反対する理由の一つに「ギャンブル依存症」を挙げている人もいるが・・・
すでに多くの人がパチンコでギャンブル依存症になっているんじゃなかろうか?(大汗)
いまさら、「ギャンブル依存症」を持ち出されてもねぇ~(大汗)
なんで、こういう人たちはパチンコに対して声を上げないのだろう?
ん?・・・何か声を上げられない理由があるのかな?(大笑)
パチンコ店を経営している人たちがカジノを経営したら、途端にパタリと批判の声は消えるかも・・・(大笑)

というわけで、「ギャンブル依存症」を反対理由にするのは説得力がないような気がする。
「カジノ法案」と呼ばれてはいるが、カジノばかりではなく、もっと広い目で見て、果たして、そういう整備はメリットがあるのかどうかを頭のいい人には考えてもらいたいものだ。
スポンサーサイト


エッセイ | 21:07:13 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。