■プロフィール

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

偶然の中華料理店!
明日から台湾旅行である!(喜)
ということで・・・今日は東京に前泊する。

いつものように、直前まで旅行の準備でバタバタして・・・午後5時発の特急で上京・・・
品川駅から京浜東北線で蒲田駅に向かうが、電車は満員状態!(大汗)
スーツケースにショルダーバック・・・周囲にご迷惑をかけて申し訳なし。
「すみませ~ん!」の連発である。(大汗)
大量の荷物と大きなスーツケースを持ちこんで平然としているあの中国人旅行者の図太い神経が羨ましくなるが、どうにも拙者には真似は出来ない。
つい「すみませ~ん」と言ってしまう・・・(苦笑)
で・・・教訓!
午後7時ごろの電車には乗っちゃいけないな・・・(苦笑)
次回は、もっと早い電車で上京しよう・・・(大笑)

今晩は従妹と夕食を食べる予定でいたが、残業が入ったため一緒に夕食を食べるのはキャンセルとなる。
彼女はJALだっけかな?
拙者はいつもANAを利用するので、ちょっと気が引けて・・・(大笑)
勤め先のことを尋ねたりしないので、よく知らないが・・・(大笑)
まぁ、いずれにせよ、残業するほど忙しいというのは結構なことである。

駅前のホテルにチェックイン後、外出し、どこで夕食を食べようかと繁華街をウロウロする。
散々歩き回りクタクタになったが、これといって入りたい店がない!(涙)
いつものことであるが・・・優柔不断なのである。(大笑)
で・・・ふと立ち止まった道の角に、どこかで見たことのある店構え・・・・
あれ?
以前、この店に入ったことがあるな・・・
外から覗き込んだら誰もお客さんがいない・・・(苦笑)
ということで・・・この店に入ることにした。

入店した途端、「ヒサシブリデスネェ~」とお店のオバチャン・・・(驚)
拙者のことを覚えているの?
たしか、9月にインドネシアに行くときも前泊で、散々迷った挙句、初めてこの店に入ったのである。
だから、今回で2回目なのだが・・・(汗)
このオバチャンの記憶のいいことには驚いた。
前回来た時に拙者が座っていた場所、頼んだ料理、読書をしていたことを覚えているのである!(唖然)
「最初にウーロン茶を頼んだでしょ?ビールを頼むかと思ったらウーロン茶だった」(大笑)
「で・・・・最後に、追加で杏仁豆腐を頼んだでしょ?」(大笑)
よく覚えてるよなぁ~(苦笑)
お昼には、そこそこお客が入ったらしいが、午後は、5時から店を開けていて初めての客が拙者だという。(大笑)
「今月は全然ダメ・・・給料出ない!」(苦笑)と言う。
じゃぁ・・・少しは売り上げに貢献してあげよう・・・
ということで、餃子を一皿追加注文した。(笑)
他にお客さんがいないので、このオバチャンと延々とオシャベリ・・・(大笑)
拙者は「中国人は大嫌いだ!」と平気で言っていることを友人たちは知っている・・・(笑)
その拙者が冗談を交えながら中国人のオバチャンとオシャベリをしている姿なんか友人たちは想像もつかないかも。(大笑)
拙者は、相手がどこの国の人間だからと言って、最初から敵愾心をむき出すわけではないのである。
一般論的に言って・・・・嫌いだと言っているだけなのである。(笑)
だから、このオバチャンとも話が弾む・・・たとえ中国人であっても・・・(大笑)

このオバチャンは、20数年前に中国の福建省からやって来たという。
日本語学校へ入ったが、勉強をなまけたので日本語は下手くそだと自分で言っている。(笑)
「そんなに記憶力がいいのに?」(大笑)
ご主人は同じ日本語学校で知り合った同級生だという。
このオバチャンは、初めて来たお客さんでも顔も座った場所も頼んだ料理も全部、自然と覚えてしまうという。
だから、2回目に来たお客さんには「いらっしゃいませ」ではなく「久しぶり」と挨拶するのだそうだ。(笑)
驚くべき記憶力である。

食事をしながら、何だかんだと、おしゃべりしていたら、ようやく常連客が1人、店に入ってきた。
で・・・・彼を交えて今度は3人でオシャベリすることになる。
初対面で、どこの誰なのかも知らないのだが・・・(大笑)
「これで、あなたも常連よ!」とオバチャン・・・(大笑)

さて・・・そろそろホテルに戻ろうかと思って・・・気が付いた!
ここが、どこなのかがわからない!(大笑)
え?ホテルって、どっちの方角に歩いて行けばいいの?(大笑)
散々ウロウロして、道に迷った挙句、偶然たどりついたのである。
場所を覚えていて、この店に来たわけではない。
さすがにオバチャンが大笑い。
「それは縁があるってことですね?」と言う。
たしかに・・・言えるかも・・・
で・・・ホテルへの道順を尋ねたかったが・・・・
あれ?・・・ホテルの名前が思い出せない!(大笑)
なんと記憶力の悪いことか・・・バカ丸出しである。
で・・・とりあえず、駅へ行くには、どっちの方角へ行けばいいのかな?(大笑)

「また来てください!」とオバチャンに言われたが・・・・(汗)
果たして次回も、うまくこの店に辿り着けるかどうか・・・・(大笑)
とりあえず「また偶然見つけたらお店に来るから」と中途半端な再会を約束して(大笑)店を出る・・・・

ブラブラ歩きながらホテルに向かうが・・・
途中の路地を見て・・・あ~あの先を左に曲がると、確か、こういうお店があったんだよな・・・なんて思ってしまう。
しかし、実際には、そのお店は無い・・・
あれ?・・・・と思い、よくよく考えてみると、拙者が思い出したのは北池袋の繁華街を外れた路地の景色・・・(汗)
記憶がごちゃ混ぜになっているのだ・・・・
これが、拙者の“方向音痴”の原因の一つかも知れない・・・(苦笑)

かなりの距離を歩いて・・・奇跡的にホテルに戻る。(大笑)
スポンサーサイト


旅行 | 17:25:13 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する