■プロフィール

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

シンポジウムに行く
今日は、シンポジウムを聴講するため上京。
先日、フィリピンに行く直前に初参加した会合の会長さんからご案内をいただいた。
テーマは南シナ海情勢に関するものだそうだ。
で・・・・このシンポジウムの主催者代表は、評論家の“ミヤザキさん”だということを知った。
年に一度くらいだが、海外ツアーでご一緒する先生である。
こりゃ行かねばなるまい・・・(笑)

場所は拓殖大学とのこと・・・
その昔・・・当然、今は違うと思うが・・・
拙者が高校生の当時、亜細亜大学、拓殖大学、国士舘大学は「三バカ右翼大学」と言って、同級生たちは受験をするのを避けていた。(大笑)
拙者はたまたまテレビで亜細亜大学の倉前教授を見て、亜細亜大学に行きたくなって、受験したが・・・(笑)
拙者を可愛がってくれた伯父は、たしか拓殖大学だった・・・
で・・・後になってから、拓殖大学でもよかったかなぁ~などと思ったことがある。
決して亜細亜大学に進んだことを後悔しているわけではない。(大笑)
拓殖大学に進めば伯父と共通の話題が出来て楽しかっただろうと思っただけである。
拓殖大学は、アジアに関する問題について、よく情報を発信していると思う。
こういうシンポジウムにも会場を提供もしているのか・・・
対して我が母校は何をしているのかという気がしないこともない・・・(大汗)
「アジアのことは亜細亜大学に任せろ!」というくらいのことがなぜ言えないのか?
“亜細亜”の名が泣くではないか?
・・・・ということを、同窓会の県支部の総会なんかで、ぶち上げるから、みんなから呆れられる。
しかも・・・学長を目の前にして・・・(大笑)
拙者の中では拓殖大学はライバルなのである。(大笑)
その拓殖大学に初めて足を踏み入れた!(笑)

で・・・・みっけ!(大喜)
桂太郎の銅像!(大喜)

DSCN3273_convert_20161205095856.jpg

銅像を見つけて喜んでいるようでは本末転倒か?(苦笑)
そう、そう、シンポジウムに来たんだっけ!

img180_convert_20161205110425.jpg img181_convert_20161205110507.jpg

会場で、このシンポジウムに誘ってくださった“モテギ”さんにご挨拶したら、拙者の隣の席の方を紹介された。
もと海上自衛隊の将官だった方で、昔の海軍で言えば「海軍少将」クラスだった方である。
「海軍少将」となると・・・駆逐艦隊司令官とか海軍各種学校の校長・教頭クラスに位置するか?
偉い方である・・・(大汗)
で・・・ちょこちょこ雑談をさせていただいた。
大いに勉強になる。

“戦友”の“カワムラさん”にも会えた。(喜)
93歳だが、行動力がすごい・・・普通の年寄りなら外出するのは億劫だろうに・・・(苦笑)
さすがは、情報関係にいた方だ・・・
いくつになっても祷報収集と勉強を欠かさない。
拙者も、こういう年寄りになれたらいいなぁ~と思う・・・(笑)

シンポジウムの講演・・・・
3人の方が講演をされたが、フィリピン下院の院内副総務、ハリー・ロケさんのキャラクターが面白い。
この方は野党の議員さんだが・・・
「先日のドゥテルテ大統領が来日した目的が、皆さんはよくわからなかったと思うので、私から説明します」と言う。(大笑)
野党の議員が大統領の説明の補足をするんだから面白い。(笑)

シンポジウム後、マスコミ対応の記者会見があり、途中まで見ていたが、次の予定があるので途中で退室し、上野駅に向かう。
今晩は、上野で共同通信の元マニラ支局長と食事をするのである。
元支局長と会い、ホルモン焼き屋で懇談・・・久しぶりの再会である。
彼はハリー・ロケ下院議員のことをよく知っていて「野党の議員なんだけど、与党だか野党だかわからない発言をする人だ」と笑っていた。
フィリピン事情で大いに話が盛り上がり楽しい時間を過ごす。

今日は充実した一日が過ごせた・・・
皆さんのおかげである。
感謝、感謝・・・
スポンサーサイト


日記 | 22:58:06 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する