■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
マニラに行く
昨日は、93歳の“カワムラさん”のお誘いで「近代史検証会」という会の会合に参加させていただいたので、1日早く上京して東京に泊まった。
この会は、いわば「近代史」の勉強会である。
なかなか面白いし、勉強になるが、拙者は「太平洋戦争」のことしか知らない・・・(苦笑)
ヨーロッパの「近代史」の話なんかになるとチンプンカンプンだったが、それでも面白い。
ご紹介をいただいての初参加なので、Gパンで出かけるわけにもいかず、ジャケットにネクタイ姿・・・
というわけで、今回は、この姿のままフィリピンに行くことになる。

都内のホテルをチェックアウトして羽田空港に向かう。
当初は、成田空港を利用する予定で便を頼んでいたのだが、旅行社の手違いで、羽田空港利用になってしまった。(大汗)
こういう、チョットしたミスでゴタゴタするようでは、旅行社を使うより自分でネットで予約したほうがいいという人が増えるのも当然かなと思う。
が・・・拙者は、永年利用している旅行社を使うことに決めている。
自力でネットで航空券の手配も現地のホテルの予約もできるのだが・・・(笑)
少しくらい値段が高くなっても「人との縁」のほうを大事にしたい。

久しぶりのモノレール・・・・
浜松町から羽田空港へ向かうが、たまたま乗車したのは新型車両。
それはいいが、スーツケースなどを置く場所が旧車両と比べて少ないのである。
だいた、このモノレールを利用する人は旅行客が多いと思うのだが、スーツケースを置く場所に不便な構造とは、いかがなものだろうか?
思ったより不便な乗り物である。(苦笑)

空港で海外旅行保険を申し込む。
この間のインドネシア旅行の時にも利用したカウンターに行く。
「いつもありがとうございます」とカウンターの女の子に言われ、「あれ?」と思う。
「先月も、ここで申し込んだんですよ」と言ったら・・・
「はい、私が承りました。覚えています!」と言われてビックリ。(大笑)
美人の女の子なのに何で拙者は覚えていなかったのだろう?(苦笑)
相変わらず記憶力が悪い・・・・(涙)
毎回利用するなら・・・ということで女の子が「VIPカード」を作ってくれた。
次回からは、これを提示すればスムーズに申し込みができるそうだ。
ありがたい・・・・(喜)

いつもは成田発のANA(全日空)を利用するのだが、今回はフィリピン航空・・・・
旅行社が予約をポカして、気が付いた時には航空券の料金が跳ね上がっていた。(唖然)
今から予約すると、当初の予定より10万円も高くなると言うのである!(驚)
10万円の差は大きいだろ!
というわけで・・・やむなく羽田発のフィリピン航空の便となってしまった。(涙)
拙者はフィリピン航空が好きではない。(大笑)
ANAやJALより安いのだろうが、フィリピン人の乗客が多い・・・特に女性・・・・
で・・・必ず「彼女に会いに行くのですか?」と声をかけられるのである。(怒)
日本人の男を見れば誰も彼もがフィリピン人の女に会いに行くものだと思っているらしい。
そういう失礼な質問をされるのが拙者は嫌なのである。
「バカにするな!」とつい、文句を言ってしまうのである。(笑)
おまえら「出稼ぎ水商売女」にバカにされてたまるか!・・・・という気持ちになってしまうのである。
「他の日本人と一緒にするな!」
今回は、ジャケットにネクタイ姿だったせいなのか、拙者が身構えていて目つきが悪かったせいなのか、誰も声をかけてこなかった・・・(大笑)

機内は意外にもガラガラに空いていた・・・(唖然)
しかも、フィリピン航空の機材は古くてテレビも付いていないのだが、この機材にはテレビが付いていた!(喜)
今回は意外にも快適だ!(大喜)
15:20発のPR421便でマニラに向かう・・・・

DSCN3166_convert_20161109140853.jpg (機内食)

18:55、マニラ空港に無事到着・・・・
以前と変わったところは・・・・いつもなら空港を出てすぐにタバコが吸えたのだが、今では禁煙になっているところ。(大涙)
タバコが吸えない!(大涙)
ドゥテルテ氏が大統領になったら喫煙に厳しくなったようだ・・・・

迎えに来てくれたガイドの“ステラさん”から「そのうちフィリピン全土が禁煙になるかもしれませんよ。そうなったら、二度とフィリピンには来なくなるんじゃないかとみんなで噂してました」と言われ・・・・
「もちろん!タバコが吸えないなら、もう二度とこの国には来ないよ!」(大笑)

今回宿泊するホテルは初めて泊まるホテルである。
今まで定宿にしていたホテルは全館禁煙となっているので何かと不便・・・
思い切って、繁華街の中にある、少し安くて部屋でタバコが吸えるホテルに替えてみたのである。(大笑)

いつもは“ステラさん”に夕食の場所選定から何から何までお任せするのだが、99歳の義母の介護をしなくてはならない状況となっているので、空港~ホテル間の送迎だけをお願いした。
チェックインを済ませ、ホテル内のコーヒーラウンジでウェルカムドリンクのコーヒーを飲みながら少し雑談をして別れる。
少し引き留めてしまい申し訳なかったが「気分転換にはちょうどいいんです」と言う。
どこでも同じだな・・・拙者の場合は気分転換を兼ねての海外脱出だが・・・(大笑)

DSCN3167_convert_20161109145544.jpg DSCN3168_convert_20161109145604.jpg

部屋は結構広くていい・・・・
タバコが吸えるんだから尚更いい・・・(大笑)
こうしてみると、どうして日本のホテルは部屋が狭いんだろうと思う。
ただ、備品が故障していて、この点では、お話にならないレベル。
テレビのリモコンは壊れているし、電話も接触不良で、うまくつながらない・・・・(唖然)
「故障しているから直してくれ」とか「どこがどう故障している」と説明する英話は必須である。(大笑)
このあたりの英語は覚えておいたほうがいい・・・
拙者は、よく覚えていなかったので・・・(大笑)・・・・苦労した・・・・(大笑)
しかし、各備品の故障を見つけるたびに修理を頼んだので、そのつどチップを払う羽目になる・・・(苦笑)
まとめて1回で説明すればよかったと後悔・・・(大笑)

さて、今晩の夕食・・・・どうしようか・・・・
たまたまホテルから出たところで“ポン引き”に声をかけられた。
ホテルの周辺には、どこのホテルでも“ポン引き”がいる・・・・
彼はアンディーという青年・・・・
ちょうどいい・・・彼に案内させて、近くの屋台に行って食事をすることにした。
豚の串焼き、焼き鳥、ご飯にシニガンスープ、コーラ・・・・締めて380ペソ(約800円)なり。
この薄汚い屋台・・・衛生状態はいかがなものか・・・・
食中毒にでもなったらどうしようかと思ったが・・・・空腹に負けた・・・(大笑)

その後、近くのパブに案内させて、そこで2人で飲んだり歌ったり。
アンディーが日本語の歌がうまいのには驚いた。
2人で4000ペソ(約9000円)を支払う・・・・
ちょっと高い気がした・・・・

明日があるので、アンディとは、ここまで・・・・
ホテルでマッサージを呼び1時間マッサージをしてもらい・・・寝る!
1時間500ペソ(約1200円)なり。
スポンサーサイト


旅行 | 13:26:56 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。