FC2ブログ
 
■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
59歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

墓石の打合せ
お寺の帰り・・・・
「墓石を決めるぞ!」と親父。
何もそんなに急がなくても・・・と思うが言うことを聞く人じゃない。
隣りの市の山奥にある石材屋さんに向かう。
よくは知らないが・・・この方とは母方の遠い親戚筋になるらしい。
しかも、昨年、伯父の散骨の為に一緒に内モンゴルに行ったことがある。
顔なじみなので話は早い。
親父は「俺よりお前のほうが顔が広いからなぁ~」とブツブツ何か言っている。
拙者は別に社交的というわけじゃないが、少なくとも親父とは違って“出会い”を大切にしてるからねぇ。
その違いがこういうところで出てくるだけのこと。

この“カミナガさん”はとにかくおしゃべり好き。
ついつい、本題より世間話のほうが多くなる。
用件が済んだらサッサと帰りたがる親父が珍しく我慢している。
その姿を見ているだけで可笑しくなる。

7月21日に全国ロードショーされる『夕凪の街 桜の国』という日本映画の美術担当者からお地蔵さんの制作依頼があって協力したのだそうだ。
広島の原爆がテーマの映画らしいが・・・
そこに被爆して半分焼けてケロイド状になったお地蔵さんが登場するらしいのだが、そのお地蔵さんを作ったのがこの石材屋さん。
インターネットで調べて依頼があったという。
「こんな田舎なのにねぇ~よくうちを調べたもんだ~俺にはこういうのはわからんけど・・・すごいんだねぇ~」と“カミナガさん”
さすがに拙者もこれには驚いた。
わざわざ茨城の片田舎の石材屋さんを選ぶとは・・・
ホームページっていうのはすごいもんだねぇ。
このお地蔵さんの代金は頂かなかったとか。
そういうところが“カミナガさん”らしい。

こんな調子だから話があっちこっちに飛んでなかなか本題に達しない。(笑)
ようやく墓石の話に至って、現物を見せてもらう。
石は、国産、中国産、インド産といろいろある。
墓石の加工はほとんどが中国なのだそうだ。
国内で加工するとかなりの手間と金額になるという。
中国ではそういうものを格安で加工するのだそうだ。
つまりは、“生産工場”と化しているという。
中国の食品には安心できそうもないが、石の加工ならば大丈夫かな?
石の種類、おおまかな墓のレイアウトを決めて見積もりを依頼する。
何だかんだで2時間もお邪魔してしまった。
スポンサーサイト





日記 | 15:55:24 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する