■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伯父とお別れ
昨日上京して伯父の通夜式に参列し一泊した。
これまた不思議な事なのだが・・・・
昨日は、我が妹のライブコンサートがあるので、当初から上京の予定を組んでいたのである。
夜の開演なので、ホテルも早々と取って、留守番の親父の為にヘルパーの手配も済んでいる。
なんというグッド・タイミング!
当初の予定を変更して、妹のライブを聴きに行くのをやめて、通夜式に出るだけである。
なんの苦労もなく、予定通りの上京と通夜式への参列・・・・
そうでなけりゃ、ギリギリでホテルの手配やらヘルパーの手配で、てんてこ舞いだったろう。
伯父は、まるで、拙者が上京する日をわかっていたような・・・・
そんな気がするほどだった。

親戚は、遠方ということで通夜式には参列しなかったので、かなり寂しい通夜式となったが・・・
「悪いねぇ~遠くからわざわざ来てもらって」と苦笑いする伯父の顔が浮かぶ・・・・

通夜式のあと、ホテルに戻り一泊・・・・
今日は告別式。
親戚はマイクロバスに乗り合わせて早朝に茨城を発ち参列する。
拙者は電車・・・(笑)
駅で礼服を着た女性とバッタリ・・・
東京に住んでいる従姉である・・・・
礼服じゃなくて、私服をを着ていたら、すれ違っても気が付かなかっただろう。(苦笑)
拙者の記憶にあるのは、20歳そこそこのピチピチギャルの頃の姿である・・・
それが60歳のオバサンになっているのだから気が付くはずがない・・・(大笑)

火葬場へ行く前に最後のお別れ・・・
伯父の死に顔を見て驚いた。
祖父にそっくりなのである。
生前、伯父が祖父に似ているなんて全然思ったことはなかったのだが・・・・
生きている時と死んだ時とでは人間の顔って変わるのだろうか?

もう、伯父の照れ笑いや苦笑いを見ることができない・・・
伯父は豪快に笑うタイプの人ではなかった。
照れ笑いか苦笑いである・・・
あ~もう、その笑顔が見られないのか・・・・(涙)

また会いたいな・・・と思う人は、この世よりあの世のほうに多くいるようになった・・・・(苦笑)
歳を取るというのは、こういうことなのだろうか?
スポンサーサイト


日記 | 11:24:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。