■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大学の同窓会
今日は、我が大学の同窓会・茨城県支部の総会である。
昨年は、北関東の栃木県支部・群馬県支部と合同の「連合会」の総会だったが、今回は茨城県だけの単独開催である。

前日まで、準備に追われた・・・(汗)
配布資料等、事務的な面倒なことは全て副支部長の拙者が受けている。
参加者名簿や座席表、名札の作成は、直前まで訂正・改訂の連続である。(大汗)
なにせ、ドタキャンも出るかと思えば、突然の参加もある。

頭を悩ませるのが、“OG”と呼ばれる女性の卒業者である。
「女性の参加者が私一人では嫌だから」と辞退される。
「どなたか他にも女性の参加者はいるんですか?」と尋ねられても答えようがない・・・
それぞれが“様子見”をして、結局、全員が欠席の通知を出してくる。
たとえ女性一人でも、毎回参加しますという人が一人でもいてくれると、「間違いなく毎年女性会員が参加してますから、是非どうぞ」といえるのだが・・・(涙)
面倒くさいことは全て拙者と支部長の二人でこなしているんだから、当日に参加して椅子に座ってくれていればいいだけなんだけどねぇ~(大笑)

今年の参加者は22名・・・
我が茨城県には1500名を超す卒業生がいるのだが、同窓会の参加者が二ケタというのは残念である。
過去に参加したことのある50名以上の方々に、改めて別便でお誘いをしたが、応じてくれたのは2人だけだった。
たった22名だけだが、それでも昨年よりは参加数は多い。(苦笑)
きめ細かな対応をしてボチボチと増やしていくしかあるまい。
最高齢者は拙者が3歳の時に大学を卒業したという方・・・(笑)
いやはや、大先輩である。
最年少者は昨年卒業した人で、今回が初参加・・・
同じ職場の先輩が、我が同窓会の役員・・・(大笑)
というわけで、無理やり参加させた・・・(ちなみに、これは拉致ではない・・・大笑)
今年は、拙者は下から3番目に若いのである。(例年は下から2番目か最年少である)
56歳が“若手”というのもおかしな話だが・・・・(大笑)・・・・それが副支部長・・・普通は、あり得ない話である。(大笑)
4~5歳年上の先輩たちからは「君は俺たちより、どう見ても老けて見えるから、違和感はないよ~」(大笑)とからかわれる。

今回は初参加の女性が一人いることになっていた。
10年ほど前に卒業した人なので、30代の方だろう。
女性一人、しかも初参加では心細いだろうと思い、無理を言って前支部長の奥さんに参加ししてもらい、相手をしてくれるよう頼んだ。
彼女も我が大学の卒業生・・・(つまり学生時代に付き合ってゴールインしたという、夫婦共に我が大学の卒業生なのである)
が・・・
肝心の初参加の女性が来ない!(大汗)
ドタキャンならまだしも、何の連絡もない“無断欠席”である!(唖然)
今どきの30代は、こんなものかと呆れる・・・(怒)

雑談の中・・・・
この間、小金井でアイドル活動をしていた女子大生が、イベント会場で男にナイフで刺された事件があったが・・・
彼女は、実は我が大学の学生だという話が出た。
ニュースでは「私立大学」としか出ていなかったが、みなさん、よくご存じである。(唖然)
我が母校の学生が被害者と聞いて頭に血が上ったのは・・・・拙者だけ・・・(大笑)
「その犯人、めちゃくちゃ殴って半殺しにしてやろうか・・・」と言ったら・・・「シーン・・・」(苦笑)
ん?・・・やたら熱くなっているのは拙者だけ?(大汗)
我が大学の卒業生たちはなぜか大人しい・・・県民性か?(苦笑)
それとも、拙者が大学生気分が抜けきっていないのか?(大笑)
大学時代、地元のヤクザが拙者を避けて通ったという伝説を持つ拙者である・・・(苦笑)
まだ通用すると思っているところが幼い?(大笑)

今回の座席表・・・・
例年は、卒業年度順に円卓に座ってもらっていたが、毎年これでは、いつまで経っても大先輩たちとの交流ができない。
ということで、今回は拙者が強引に地区別(市町村別)にテーブルを分けて座席表を作った。(笑)
住んでいるところが近ければ、共通の話題も出て、話も弾むだろうと思ってのことである。
これは、我ながら成功したように思う。
世代を超えて、結構、各テーブルとも話が盛り上がっていたようである。
拙者自身も、同じテーブルの大先輩とおしゃべりができて楽しかった。
驚いたことには、永年、ロシアと交流を持っている先輩がいて、ロシアの話題で大いに盛り上がった。(大喜)
「人は、話してみないとわからない」・・・ものである。

大学からは、元大学職員で、同窓会本部の役員が東京から来てくれた。
過去に何度か来賓として、この会に来てくださっている。
なぜか、拙者は、この方が記憶にあるのだが、なぜなのかがわからない・・・
ようやく今回、言葉を交わす機会に恵まれた。
「君のことをなぜか知っているんだよなぁ~」と先輩・・・
「実は私もなんですが・・・」と拙者・・・
どこに接点があったのか、お互いに探り合い・・・(大笑)
30年以上も前でしょ?
海外研修団?
「そうだ・・・職員の時・・・30年くらい前に研修団でインドネシアに行ったことがある」と先輩・・・
「ん?僕もインドネシアに行きましたけど・・・海外研修団で・・・」
あれ?・・・もしかして、その時、一緒だった?(苦笑)
35名の研修団員全員の名前と顔を覚えてはいない・・・ほぼ完ぺきに忘れている・・・(苦笑)
同行した教授と職員の名前も顔も忘れている・・・
が・・・・1ヶ月も一緒に旅行をしたのである・・・
記憶のどこかに、微かに残っているんだろうねぇ~
“なぜなのかは知らないけど、なぜか顔を覚えている”って・・・・
大笑いである。

この同窓会には、知り合いは一人もいない・・・・
が・・・先輩、大先輩方々と、大いにおしゃべりができて楽しかった。
昔から社交的ではない性格なので、本来は、知らない人ばかりの集まりには首を突っ込まない性格なのだが・・・
いつから変わっちゃったのかなぁ~(大笑)

充実した、いい時間が過ごせた・・・・と、“自画自賛”・・・・(大笑)

DSCN2368_convert_20160712164047.jpg
スポンサーサイト


日記 | 19:51:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。