■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
軍馬慰霊祭に行く
今日は、年に1回の、恒例の「軍馬慰霊祭」が靖国神社で開催される。
正式名は『軍馬・軍犬・軍鳩合同慰霊祭』である。
今年も、拙者は参列しなくてはならない・・・・
上京直前に、同じ騎兵連隊の“オオクボさん”に電話をしたら、今年は出られないという。
まぁ、96歳か97歳だから無理はないかも・・・
“オオクボさん”は毎年、軍馬の碑の慰霊顕彰会代表ということで参列されていて、拙者は昨年から騎兵第14連隊会代表という形で参列することになった。
ついに、騎兵関係者の参列は拙者一人だけになってしまったのか?(大汗)

002_convert_20160619203248.jpg 003_convert_20160619203317.jpg

今年も午前中、雨が降った・・・・
このところ毎年、4月の第一日曜日は天気が悪い・・・・
今年も昨年同様、軍馬、軍犬、軍鳩の慰霊像の前ではなく、遊就館の軒下(?)で開催することとなった。

騎兵関係の参列者は拙者だけかと思ったら、もうお一人、参加者がおられた。
以前にもお会いしたことがあるような気がするのだが、お名前は存じ上げていない。
隣の連隊、騎兵第13連隊の方である。
以前は、こちらの連隊は、我々の部隊より多くの人が参加されていたこともあったが、ついにお一人となってしまったようである。
ということで・・・
騎兵第13連隊のこの方と騎兵第14連隊の拙者が一緒に前に出て「軍馬」の代表として玉串を捧げることとなった。
二人で息を合わせて・・・というのは緊張するものである。
一人で行なうのとは、また違った緊張感である。

無事にお役目を果たし、その後、参加者全員で昇殿参拝・・・
その後、有志だけで、いつものように偕行社で「直会」・・・・
騎兵は我々2名しかいないと思ったら、もうお一人、騎兵の遺族の方がおられて、偶然にも3名でおしゃべりする機会を得た。
いやぁ~もし、拙者一人だけだったらどうしようと心配していたが助かった!(喜)
スポンサーサイト


日記 | 14:55:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。