■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
スターウォーズ
この間、10年ぶりに映画「スターウォーズ」の続編というか、新作が公開された。
で・・・かなりの興行収益をあげているようで、大人気なのだという。
公開初日には映画館の前は長蛇の列だったとか・・・

それにしても・・・普段、「戦争反対」を叫んでいる割にはスターウォーズという「宇宙戦争」は好きなんだろう?
私は全然興味がないのだが・・・(笑)
フィクションであっても、「戦争」は「戦争」・・・殺し合いだと思うんですけど・・・(汗)
やはり人間というのは、本当は「好戦的」な生き物なのではなかろうか?

その昔、「宇宙戦艦ヤマト」というアニメがテレビで放映されたとき、多くの女性(主に主婦層)が「軍国主義だ」とかと言って大批判していたが・・・
あの時に大騒ぎをした人たちは、この「スターウォーズ」に対してはどう思っているのだろう?
日本人が戦うのは許せないけど、“外人”が戦うのはかまわないということなのか?(大笑)
誰も「戦争映画に反対!殺し合いの娯楽映画に反対!」と叫ばないんだろうねぇ?

ずいぶん静かなんだけど・・・(苦笑)
大勢には逆らわないということか?
戦前・戦中のように「右向け、右!」に従っているのか?
スポンサーサイト


エッセイ | 15:56:44 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。