■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
タバコを吸ったって?
午前6時半・・・
親父と散歩に出かける時間・・・・
階下に降りたら真っ暗!
親父は起きてない・・・

襖を開けて真っ暗な部屋に一歩踏み込んだら、何かに当たった!
バケツである!(驚)
部屋の電気を点けたら、風呂の残り水を入れたポリバケツと水を張った洗面器が畳の上に置いてある!(驚)
なんだこりゃ!
親父はトイレに行くのを面倒臭がってバケツにオシッコをしたのか?(唖然)

親父を起こす・・・・

「これ・・・なに?」
「ん?・・・あ~・・・・いやぁ~参っちゃったんだよぉ~」
「何が?」
「昨日、タバコを吸っていてな。気がついたらタバコをどこかに落としたらしいんだ。で、探してみたんだが見つからないんだよな」
「タバコを吸った?」
「どこに落としたのか・・・この辺だと思うんだけど・・・見つからないんだよなぁ~」
「で?・・・」
「それで、もし布団に火がついたらいけないと思って、そこに水を用意しておいたんだ」
「はぁ?お父さんは、もう何十年も前にタバコをやめたんじゃなかったっけ?」
「ん?・・・・やめた?」
「吸ったの?」
「吸ったんだなぁ~」
「じゃぁ、そのタバコの箱はどこにあるの?」
「あれ?・・・・」
「タバコの箱から1本取り出して火をつけて吸ったんだよね?」
「そうだろうなぁ~」
「じゃ、そのタバコに火をつけたライターはどこにあるの?」
「あれ?・・・・」
「タバコを吸った夢を見てたんじゃないのぉ~?」
「いや、ちゃんとタバコを吸ってたんだよ。で・・・ハッと気がついたら、タバコがどこかに行っちゃったんだな。布団の中に落としたと思うんだよなぁ~」
「あのね・・・タバコを吸っていたのは夢で、そのハッと気がついたのは夢から覚めたということでしょ?」
「そうなのか?いやぁ~おかしいんだよなぁ~どこに行っちゃったんだろ?」

そもそも存在しないタバコを探したって見つかるわけがない・・・・(大汗)

昨晩、拙者が風呂から上がったのは午前2時である。
ということは、午前2時から6時の間に、この「タバコ騒動」があったらしい・・・(笑)
で・・・拙者を起こして、タバコを落として見つからないと言ったら、怒られると思って、コッソリと始末しようとバケツに水を汲んだのだろう・・・(苦笑)
普段、足がフラフラして歩けないとか、腰が痛い、背中が痛いと言っている割には、よくバケツだの洗面器に水を汲んで用意できたもんだ・・・(笑)
「火事場の馬鹿力」と同じか?(大笑)

万が一を想定して水を用意したのは大したものだと思うが・・・
う~ん・・・半分ボケてるぞ・・・

「参ったなぁ~」は、こっちのセリフである・・・(大笑)
スポンサーサイト


日記 | 08:39:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。