■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『知的余生の方法』


はじめに
 見た目の変化の不思議
 高齢化と「不死」
 新しい知的生活の方法

第1章 年齢を重ねて学ぶことについて
 年をとることを見つめる
 天才の老い
 山本夏彦さんの思い出
 喜ぶ母と「家」の制度
 「壮」にして学ぶために
 退職後も活躍できる人とは
 お酒より「内発的興味」を楽しむ
 「壮」の過ごし方をまちがえるな
 楽しむ者にしかず
 知的生活を送れないインテリたち

第2章 健康と知恵について
 精神と肉体について
 義務より自由を選ぶ風潮
 不完全義務とは
 長生きと呼吸の関係
 知的余生のための肉体について
 白川静先生の「脳健康法」
 宗教と余生
 自分の世界の自覚
 五官を超越した世界
 人生の秋、空き、飽き
 物事が明らかに見える
 精神を鍛える
 老人が転倒すること
 ストレス不要論は誤り

第3章 余生を過ごす場所について
 田舎は老人に相応しいか
 遠きにありて思うもの
 今の場所で快適に暮らす
 別荘よりエアコンを買う

第4章 時間と財産について
 老いていく時間
 「内なる時間」を使う
 朝の時間を使え
 早起きと朝寝坊
 お金とベストセラー
 本多静六式蓄財術
 財産の考え方
 自由は富の蓄積から
 財産を持つためのヒント
 余生の財産相続について

第5章 読書法と英語力について
 読書家は長寿が多い
 電子書籍と紙の本
 知を求めて生きる
 読書は脳細胞と精神の鍛錬
 『パンセ』を読む
 神と人間との関係
 『人間―この未知なるもの』
 最初の英文法書
 貴重な本の発見
 英語ができない訳
 読む能力と書く能力

第6章 恋愛と人間関係について
 曖昧な愛情
 愛という言葉の深い意味
 女性の美と生き方
 女性と労働
 美の源について
 友情とは何か
 持ちたくない友
 支払能力の差
 知的レベルの高い友
 夫婦は組み合わせの妙
 出世しないが幸せな夫
 夫婦の絆
 それぞれの部屋を持つ
 学歴は無用である
 リーダーの誕生
 リーダーの条件

第7章 余生を極める
 「人生の道」
 「道」の先にある何か
 日常に「道」を見出す
 余生に見る夢

あとがき


今年の読書:19冊目

スポンサーサイト


読書 | 00:01:48 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。