■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
源内ゆかりのホルトノキ
652_convert_20160203175806.jpg

源内ゆかりのホルトノキ

ホルトノキ科
常緑高木
本州(千葉県以西)四国、九州、沖縄、中国に分布する
根皮、枝葉の煎汁をねずみ色の染料にする

源内は宝暦10年(1760)7月、高松藩主松平頼恭に従って江戸から帰る途中、紀州湯浅のある寺でこの木を発見した。
源内はこの苗木を持ち帰り栗林公園内に植えたと言われるが、実はこのホルトノキを「オリーブの木」と思っていたらしい。
著書「紀州産物志」に出ている。
間違って植えたという源内ゆかりのホルトノキがこれである。

財団法人平賀源内先生顕彰会
さぬき市観光協会

(説明板より)


【香川県さぬき市志度46-1・平賀源内先生遺品館】
スポンサーサイト


史跡 | 13:57:04 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。