■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
57歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
モラエス顕彰碑
382_convert_20160120141209.jpg 383_convert_20160120141257.jpg

【碑文】

ヴェンセスラオ デ モラエスは1854年ポルトガルのリスボンに生れ海軍中佐マカオ港務副司令を経て神戸総領事となった
大正2年その職を辞して亡妻ヨネの郷里である当市に来りヨネの姪コハルと共に純日本的生活に浸りながら文筆に親しんだがやがて同女とも死別の後は両人の追慕と著述に孤独の余生を送り1929年(昭和4年)7月1日逝去した
著書に『日本精神』『徳島の盆踊』『おヨネと小春』等20冊あり「日本の魂に取替えた人」と評される程日本を心から愛し「故国の銀河を遠く離れて燦と輝く明星」と讃えられた麗筆でわが国の文化や人情風俗などを広く海外に紹介した。
碑の附近一帯は翁が朝夕好んで逍遥したゆかりの地である

昭和29年7月1日
徳島市長 長尾新九郎


【徳島県徳島市・「阿波おどり会館」前】
スポンサーサイト


史跡 | 10:06:17 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。