■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
徳島を市内観光
今日の午後、“シミズ委員長”が帰宅する。
半日ほど余裕があるので、その間、市内観光をすることにした。

ホテルをチェックアウトして・・・・
さて・・・どこに行きますか・・・(笑)
まずは、駅から遠い観光地から始めて、だんだん駅に近づいて、最後に駅前からバスで空港に向かうというのがいいだろう。
ということで・・・最初に向かったのが「眉山」・・・

380_convert_20160119103653.jpg
(駅前通から見た「眉山」)

381_convert_20160119104217.jpg

この山の山頂へはロープーウェイで登る。
このロープーウェイ乗り場は「阿波おどり会館」でもある。
いや、「阿波おどり会館」がロープーウェイ乗り場を兼ねているのか・・・(笑)

389_convert_20160119104811.jpg

想像以上に小さなロープーウェイだった・・・(笑)
たまたま、一緒に乗ったのが、長崎のほうの法人会の会員さんと、「お遍路」をされているオバサン・・・
しばし、オシャベリを・・・(大笑)
「お遍路のオバサン」は昨晩、15箇所ほどホテルに電話をかけまくったが空室がなくて苦労したとおっしゃる。
あらら・・・我が法人会の全国大会でどこもかしこも満室だったのだろう。
「いやぁ~それは申し訳ないことをしました」・・・・
とは言うものの、拙者は大会役員じゃないんだから何の責任もないのだが・・・(大笑)

見ず知らずの初対面だが、狭い空間の中で黙っていつづけるというのは息苦しいものである。
何だかんだと、おしゃべりしたり、冗談を交わすと旅というのは楽しくなるものなのだが・・・
最近の人は、そういうことはしないようだ。
自分にとって都合のいいときだけ「一期一会」、「これも何かの縁」・・・・という言葉を使い・・・
それ以外の時は・・・スマートフォンと睨めっこ・・・か?(苦笑)
幸い、気さくに話せる方々が同乗してくれたので、楽しかった・・・(喜)

390_convert_20160119133625.jpg

眉山(びざん)の頂上・・・・
この眉山の由来について説明板には、こう書かれていた。


眉山(びざん)は、徳島市のほぼ中央にあります。
東西約6.5キロメートル、南北約3キロメートル、標高276.7メートル(一等三角点)で徳島市の緑のシンボルになっています。
佐古山、富田山、八万山、名東山等と部分的に呼ばれていた山地一帯を、藩政末期頃から眉山と呼ぶようになりました。
「眉のごと雲居に見ゆる阿波の山かけて漕ぐ舟とまり知らずも」万葉の歌人船王(ふねのおおきみ)により、眉のように雲のあるところに見える阿波の山と万葉集に詠まれています。
稜線が緩やかで眉の形のように見えるため、眉山と名付けられたようです。


う~ん・・・「眉毛山(まゆげやま)」とは名付けなかったんだ・・・(苦笑)

頂上には「パゴダ」があった。

395_convert_20160119142756.jpg


平和祈念塔 パゴダのご案内

このパゴダ(仏塔)は、かつてビルマ戦線で散華した戦友をしのび、恒久の平和を願うシンボルとして、徳島県ビルマ会により、昭和33年に建立されました。
高さ25米、円錐形ドームのビルマ独特の様式で、国内のパゴダの中では、最大級唯一のものです。
塔内には、仏舎利(お釈迦様の遺骨)が祀られ、戦没者の英霊が奉安されています。
この仏舎利は、当時のウ・ヌー ビルマ首相より贈られたものです。
また、ミャンマーを始め、東南アジア各国の生活の紹介や戦争資料などを展示しています。
このパゴダは、平成元年に徳島県ビルマ会より、徳島県仏教会に移管され、現在に至っています。
このたび、パゴダ建立50周年を記念して、大改修を行い、塔内外の景観を一新しました。

平成21年3月
社団法人 徳島県仏教会
       徳島県ビルマ会

(説明板より)


話によると、内部は資料館のようになっているそうだが、改修中のため見学は出来ないとのこと。
う~ん・・・残念だ・・・(涙)
説明板には、平成21年に大改修をしたと書いてあるんだけど・・・また改修したのか?(苦笑)

この山頂で、景色を見ながらブラブラと30分ほど時間を潰して、再びロープーウェイに乗って山を降りる。

427_convert_20160119144444.jpg

町の真ん中にある緑の小山は・・・あれが、徳島城がある場所かな?

ロープーウェイ乗り場を兼ねている「阿波おどり会館」は、阿波踊りに関する資料などが展示されている資料館になっているので、ここを見学する。

429_convert_20160119152905.jpg 431_convert_20160119153158.jpg

“シミズ委員長”は、館内の売店で阿波踊りのDVDを購入・・・
これを見て、阿波踊りを覚えるのだと言う・・・
ゲゲッ・・・ウソ・・・(唖然)
「また必ず徳島に来ますから!今度は踊りに参加しますから!」と店員さんなどに言うのである。
それ・・・マジ?(大汗)
どうも委員長は阿波踊りに“はまって”しまったようである。
あ~・・・昨晩の懇親会がいけなかったんだよなぁ~(大笑)
中途半端で終わっちゃったから・・・(大笑)
「また来るのなら・・・私は踊りませんけど・・・お供しますよ」(大笑)
「おお!また来るよ!」と軽くおっしゃるが・・・本気かなぁ~(大汗)

時刻は11時・・・・
会館から出て街中をブラブラ歩きながらホテルに戻る。

444_convert_20160119154155.jpg
(歩道橋の上から駅を見る)

ここで、フロント預けておいたカバンを受取り・・・
さて・・・お昼はどうしましょうか?
「ラーメンを食べたいねぇ~」と委員長・・・
またですか?・・・昨晩も食べたのに?(唖然)
また別の店で「徳島ラーメン」を食べてみないと・・・と、言うのでフロントの女の子にお店を紹介してもらい、ホテル近くのお店へ行く。

446_convert_20160119154230.jpg(徳島ラーメン)

昨晩行ったラーメン屋さんの「徳島ラーメン」は、コッテリしていて、かなり濃いスープ・・・
ホテルのフロントの女の子は、その店より、こっちのお店のほうがサッパリしていて食べ易いと言っていた。
たしかに・・・昨晩のお店のものよりサッパリしている。
で・・・「徳島ラーメン」には生卵を入れるのが普通だそうで・・・
この生卵をかき混ぜて食べるのだそうだ。

食後・・・まだ時間があるので、今度は駅の向こう側にある「徳島城」に向かうことにする。

462_convert_20160119160049.jpg


国指定史跡(平成18年1月26日指定)
徳島城跡

徳島城は、天正13年(1585)に阿波国(17万6千石 ※ )の領主となった蜂須賀家政(はちすかいえまさ)(1558~1638)によって建設されました。
築城にあたっては、天下人豊臣秀吉の命により伊予の小早川隆景(こばやかわたかかげ)や土佐の長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)、比叡山の僧侶が協力しました。
徳島城は標高約61mの城山と北を助任川、南を寺島川(現在のJR線路)に囲まれ、東には堀を設けた、自然の地形を巧く利用した城でした。
徳島城の構造は、山上の本丸・東二の丸・西二の丸・西三の丸、南麓の御殿(一部は現徳島城博物館)、西麓には隠居した藩主等の住んだ西の丸からなる平山城でした。
藩主が暮らしたのは、天守のある城山ではなく麓の御殿でした。
御殿は藩主の居間や藩主が家臣たちを引見する広間(121.5畳)や大書院(110.5畳)のほか、重臣たちの詰めた部屋のあった「表」と藩主の側室・子どもとその身の回りの世話をした女中たちが住む「奥」に分かれていました。
「奥」は藩主とその家族以外の男子は入ることができませんでした。
藩主の居城として徳島藩のシンボルであった徳島城は、明治になると役目を終え、明治8年(1875)に解体され、現在では石垣や表御殿の庭園を残すだけとなりました。

※ 元和元年(1615)、初代藩主至鎮は、大坂の陣の功績により淡路一国を加増され、蜂須賀氏は阿波・淡路25万7千石の大名となりました。

(説明板より)


450_convert_20160119220435.jpg 478_convert_20160119220636.jpg

徳島城には天守閣が残っていない・・・復元もされていない・・・
石垣と堀・・・内部は公園・・・・いわゆる「城址公園」になっているようである。

この城跡に「徳島市立徳島城博物館」があるので、早速、内部を見学・・・

490_convert_20160119223943.jpg(徳島城博物館)

その後、「表御殿庭園」を眺める・・・

481_convert_20160119221217.jpg


旧徳島城表御殿庭園
昭和16年12月13日 国指定名勝

この庭園は、近世に阿波・淡路を領した徳島藩蜂須賀家の居城・徳島城の内部に位置し、表御殿の書院と、藩主が普段暮らす中奥(なかおく)に面して築かれたものです。
庭園作りを手がけたと伝えられる上田宗箇(うえだそうこ)は織豊(しょくほう)時代から江戸時代初期にかけての武将で、「利休七哲(りきゅうひちてつ)」に数えられる茶人、作庭の名手など、様々な顔を持つ当時第一級の文化人でした。
その様式は、水を用いずに自然風景を表現した枯山水庭(かれさんすいてい)と、池と築山を備える泉水庭(せんすいてい)が組み合わされたもので、見方によって異なる趣を楽しめる工夫が凝らされています。
庭園には阿波特産の「青石」(緑泥片岩)(りょくでいへんがん)が数多く使用され、中でも枯山水庭に悠然とよこたわる、初代藩主の蜂須賀至鎮(はちすかよししげ)が踏み割ったという伝説がのこる巨大な石橋は、圧倒的な存在感を誇っています。
また、庭園最奥部にある観音山を源流とする渓谷と、それが注ぎ込む心字池(しんじいけ)は、無数の青石を用いた石組によって鮮やかに彩られた、力強い壮麗さを湛(たた)えるものです。
青石という地方的特色を見事に取り入れた本庭園は、桃山様式を伝える数多くの庭園の中でも、傑出したものといえるでしょう。

庭園指定面積 5024.79㎡(1520坪)

(説明板より)



この庭園・・・なかなかいいのですが・・・
角度によっては・・・この景色・・・

483_convert_20160119223416.jpg

後ろに見えるビル(マンション?)が目障りなんだよなぁ~(苦笑)
なんとか出来なかったのかね?
よく建築許可を出したものだ・・・・(苦笑)
景観が台無しである。(怒)

公園の中で銅像を見っけ!(大喜)
“シミズ委員長”は、拙者がお城好き、博物館好き、銅像好きなのは先刻ご承知・・・
その上で、“お付き合い”してくれているので、気を遣わないですむのである。(笑)
「銅像だ!」・・・・で、大笑い・・・・

506_convert_20160120111341.jpg


蜂須賀家政公銅像

蜂須賀家政公(藩祖)は、天正13年(1585)豊臣秀吉の四国平定の大功により阿波一国をたまわり、天正14年(1586)に一宮城から中世に築造された渭津城を修築して徳島城とし、藩政の中心地とした。
入国の後は、藍、塩などそれまで阿波になかった産業を取り入れ、新しく製塩・製藍工業を起こし盛んに日本中に売り広めた。
また、全国でも有名な阿波踊りも家政公の時代に始まったと伝えられる。
戦前は、野太刀と長槍を持った甲冑姿の蜂須賀小六正勝公(家祖)の銅像が立っていたが、戦時中に供出されてしまった。
それが昭和40年(1965)に裃姿の家政公の銅像に生まれ変わった。

台座 高さ2m、幅1.8m
銅像 約2m
竣工 昭和40年1月1日

徳島市公園緑地課

(説明板より)



時刻は、まもなく午後2時となる・・・
公園内の茶店で飲み物を買って一服し・・・
駅へ戻ることにする。
スポンサーサイト


旅行 | 09:28:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。