■プロフィール

野牛重兵衛

Author:野牛重兵衛
会社を実質的に自主廃業し『自由人』となる。
自ら『脱藩浪士』と名乗り自由な日々を生きることにした。
常陸国在住
56歳
今もって独身!(笑)
これからも独身!(大笑)

■最近の記事
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2ブログランキング
■ブロとも申請フォーム
■最近のコメント
■小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■ブログ内検索

■リンク
■RSSフィード
■FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『朝日新聞がなくなる日』


プロローグ 危機に立つマスコミ
 マスコミの偏向報道に国民が反旗
 米国では、老舗や名門がつぎつぎと買収された
 さらに時代は変革の嵐へ

第1章 マスコミの経営実態はここまで深刻だ
 朝日新聞とかけて名曲喫茶ととく、そのココロは?
 マスコミ人に先見性がなかった
 外国人派遣員協会も悲鳴
 宅配制度と押し紙
 情報を多重加工して売る時代も去った?
 英国の老舗名門「インデペンデント」が迎えた経営危機
 朝日新聞は如何にして生き延びるのか
 世論は朝日新聞の社説にあるのではなく、とうにネットに移行している
 オバマのマスコミ対策はネット専門家の引き抜きから始まった
 赤字を出すのが夕刊発行の目的か

第2章 テレビジャーナリズムの堕落
 一億総白痴化の元凶はテレビだ
 NHKの反日番組に国民の憤怒
 NHKに取材を受けた台湾人も激怒
 アイドル歌手の醜聞?
 テレビ界を襲う闇
 広告収入の激減は日本のマスコミでも顕著
 テレビから映画へ

第3章 ネットとマスコミの狭間で
 「e リーダー」の登場は時代を変える
 グーグルの挑戦
 著作権者を悩ませる大問題がおきた
 ジャーナリストの感度の鈍さが問題の核心にある
 米国の保守系メディアはどうした
 『諸君!』休刊は時代の役割を果たしたからか?
 なにが報道に一番抜けているのか
 面妖な事件は深追いも必要
 国防論議に欠けるもの
 『朝日ジャーナル』が一世を風靡する中で

第4章 米国は、もはやモデルではない
 色褪せたアメリカ流ビジネス・モデル
 リベラリズムの没落
 米マスコミの断末魔の叫びが聞こえる
 落ちた偶像
 無給休暇を導入した『USAトゥデイ』のガネット社
 雑誌媒体も変身を迫られる
 ビッグスリーの崩壊と米国経済
 日本の受けた悪影響
 「経営の神様」たちの総退場

第5章 朝日新聞はなぜ見捨てられるのか
 情報の本質はインテリジェンス
 5つのWと一つのHを反省
 中国語で「情報」とは「諜報」の意味
 なぜ中国の軍国主義を正面から断罪しない?
 「エリント」と「ヒューミント」
 広報の本来の意味も宣伝だけではない

第6章 北京の軍門に降った日本のマスコミ
 ファナティックな中華ナショナリズム
 新聞報道と実態との落差
 不安になるアメリカの杜撰な武器管理
 それでも強気の中国
 アフリカを蚕食する中国の行動を報道しないのは何故か
 小沢一郎は反米で媚中
 公式に言論の自由、複数政党制、法治、人権を否定している

第7章 反日宣伝キャンペーンに悪のりする日本のマスコミ
 朝日新聞は日本の国益を追求しない
 南京はかつて美しい都だった
 なにも改訂されていない南京虐殺記念館の展示内容
 アイリス・チャンの金箔の銅像
 台湾コーナーを新設し、外国人の証言コーナーを増やす

第8章 これでは国際情勢はさっぱり分からない
 スイス秘密口座の神話が終わる
 ポーランド、ふたたび破産の危機
 ペトロ・エコノミー
 ロシア新興成金の栄枯盛衰
 イランの真実
 トルコの地政学的戦略性を認識せよ

エピローグ 朝日新聞よ、さようなら
 朝日新聞を配達した経験から
 資源争奪の「グレート・ゲーム」と米中対決の構図
 これからは中国問題が最大のイシュー
 朝日新聞よ、さようなら


今年の読書:69冊目

スポンサーサイト


読書 | 01:19:56 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。